石留めについて

同じようなデザインでも宝石の止め方でイメージがガラッと変わったりします。ここではハムリでオススメしている6つの石留めに
ついてご紹介させて頂きます。ここにない石留めもデザインイメージなどありましたらお気軽にご相談下さい。

丸留め

丸留めとは、ドリルで宝石を入れる位置に穴を開け宝石をセット後、石穴の中に爪を作り固定する留め方で、爪が目立たなく宝石が大きく見えます。

彫り留め

彫り留めとは、宝石を入れる位置に下穴を開けタガネを使い指輪の淵に沿って彫ります。
余った金属部分を爪にしてナナコ(工具)を使い宝石を留めます。
濃い宝石から薄い宝石に留めるグラデーションも出来ます。

マス留め

マス留めとは、宝石を入れる位置に下穴を開けタガネを使い四角に彫ります。
その後、四隅から金属を寄せ爪にし宝石を固定します。
金属の照り返しもあり宝石が少し大きく見えます。

4点留め(ナナコ留め)

4点留め(ナナコ留め)とは、ナナコ(先端が丸くエグれた工具)を使った石留めになります。宝石を入れる位置に下穴を開け宝石をセット後、4ヶ所にナナコを押し当て宝石を固定します。デザインにより2点や3点で留めることもあります。

星留め

星留めとは、宝石を入れる位置に下穴を開けタガネを使い星の形に彫ります。
その後、金属を寄せ5点で宝石を留めます。