コラム

「モチーフ」が持つ意味を知って、結婚指輪の手作りに役立てよう!

2017.07.07

「モチーフ」が持つ意味を知って、結婚指輪の手作りに役立てよう!

普段身に着けているネックレスやリングなどのファッションアクセサリーには、ハートやクロスなどのモチーフがついていることが多いでしょう。

「オシャレで可愛いから」「好みに合っていてカッコイイから」という理由でモチーフを選んでいる方も多いと思いますが、実はアクセサリーに用いられているモチーフには、 1つ1つに意味が込められています。
大切な結婚指輪に取り入れるモチーフなら、見た目に加えて意味にも注目してみてはいかがでしょうか。

今回は、アクセサリーのモチーフに込められた意味についてご紹介します。

 

幸福や幸せな結婚を意味する“愛”のシンボル「ハート」

女性人気ナンバーワンといっても過言ではないハートのモチーフは、愛情や幸福、情熱、生命を象徴し「恋愛の成就」「永遠の幸福」「幸せな結婚」といった意味が込められています。
とくに、親や恋人から贈られたものは、恋愛成就や幸せな結婚の効果がアップするといわれていて、結婚指輪にぴったり。
お互いの結婚指輪を手作りして、それぞれの指輪にハートのモチーフを取り入れるのがおすすめです。

2つの結婚指輪を重ねたときにハートが見えるようになったり、スタイリッシュなハートの形にしたりと、アイデア次第で世界に1つだけの結婚指輪を作ることができます。

 

希望や運命を意味する“光”のシンボル「星」

男女問わずに取り入れやすく、人気の高い星のモチーフ。指輪への刻印はもちろん、ネックレスやブレスレットなど、たくさんのアクセサリーに用いられています。
そんな星モチーフの意味は、「希望」「運命」「夢」「願い事の成就」など。

夜空にキラキラと輝く星には、チャンスや幸運を呼び込む力があるといわれているのです。
幸せになりたい、夢を叶えたいという方におすすめのモチーフなので、幸せな結婚生活を願うカップルに最適です。

 

生きる力を象徴し神聖なパワーを持つ「クロス」

神聖なパワーを秘めているクロスのモチーフには、いろいろな意味が込められています。

まず1つ目は、土・水・火・風という4つの要素を表していて、生きる力を象徴しているというもの。

そして2つ目が、クロスの横と縦の交わりが天と地を表していて、人と宇宙の交流を象徴しているというもの。
どちらの意味も神秘的で、見た目の美しさに匹敵する魅力があるといえます。

また、クロスに込められた神秘の力は、身に着けた者を災いから守るともいわれています。
長い結婚生活には、いろいろなことが起こるもの。結婚指輪にクロスのモチーフを取り入れることで、結婚生活の災いや困難から2人を守ってくれることでしょう。

 

身に着ける人に幸運を運んでくれる「クローバー」

小さい頃に、野原や公園で四つ葉のクローバーを探したことがあるという方は多いはず。四つ葉のクローバーを身に着けると、幸せが運ばれてくるというのは有名なお話しでしょう。

4つの葉からなる四つ葉のクローバーですが、1枚1枚のそれぞれの葉に意味が込められていて、「愛情」「健康」「富」「名声」を表すといわれています。
これらの4つを合わせると、「真実の愛」という意味にもなるといわれていることも、四つ葉のクローバーの素敵な特徴です。
ほっこりとした幸せな気持ちを与えてくれる四つ葉のクローバーも、手作りの結婚指輪によく取り入れられているモチーフです。

身に着ける人に幸運を運んでくれる「クローバー」

結婚指輪といえばシンプルなものを選ぶ方も多いですが、意味によってモチーフを選ぶのもおすすめです。
2人の手によってこだわりのモチーフを手作りして、世界に1つだけの特別な結婚指輪を手に入れましょう。

 

一覧へ戻る

最新の記事