ブログ記事

結婚指輪(プラチナを素材に手作りした品など)を長く使い続ける秘訣

2018.11.06

3

結婚指輪の材料に求められる要素

結婚指輪は日常の中でも指に嵌め、一生涯使用しつづける品です。
そのため耐久性は大切です。チョットしたことで破損するような材料で出来ている指輪は扱いに困ります。また結婚指輪は男女ペアで身に着けるものです。男性側も女性側も好むデザインが良いでしょう。ピンクゴールドを素材にした指輪は、女性に人気ですが、男性が日常生活の中で指に嵌めつづけるには、少しばかりハードルが高いかも知れません。また指輪の材料である以上、当然輝きや美しさも求められます。希少性も、あったほうが良いでしょう。これら多くの要求に応えてくれる金属が、プラチナ(白金)です。加工しやすいため、手作り指輪の素材としてもお勧めです。

指輪を長持ちさせるにはサイズが大切

プラチナの結婚指輪を長く使いつづけるためのポイントとして「こまめな手入れ」「問題のあるシチュエーションでは外していくこと」などが挙げられますが、大前提として「自分の指に合った品であること」が重要です。指輪を手作りする際は、キチンと薬指にフィットするように仕上げましましょう。サイズが合っていないと、指輪を落としてしまう危険性が高まります。折角手作りした大切な結婚指輪を無くしてしまったら、大変です。

宝石の取りつけ方

白金を素材にした指輪はダイヤモンドとの相性が良いため、手作りのプラチナリングにダイヤを付けたいと考えるカップルも多いと思います。マリッジリングに宝石を取り付ける場合は、爪ありデザインよりも、爪なしデザインがお勧めです。宝石が安定するため、落下したり、破損したりしにくくなります。

プラチナの歴史

白金がヨーロッパで貴金属として活用されはじめたのは18世紀です。更にアクセサリーとして世に広まったのは19世紀後半から20世紀前半に掛けてです。立役者は、ジュエリーブランドのカルティエでした。

日本に入ってきたのは明治時代

プラチナ製品が日本に輸入されるようになったのは、明治時代です。最初は高級な貴金属として珍重されましたが、大正以降、アクセサリーにも利用されるようになり、現在は代表的な指輪の素材として愛されています。

一覧へ戻る