ブログ記事

結婚指輪を手作りする際ジュエリーを付けるなら相場の安い石もお勧めです

2018.11.07

4d0bddb7f5eb5774e5886e9113c6862e_s

宝石の相場が指輪価格に直結

結婚指輪を手作りする場合、オプションであるジュエリーは別料金になります。
そのためジュエリーをあしらった手作り指輪では、選択したジュエルの相場が価格に直結します。「ジュエリー付きのマリッジリングにしたいけど価格は抑えたい」というカップルは、相場の安いジュエリーを扱っている手作り指輪の工房を探してみましょう。

結婚指輪に宝石は付けるべきか?

そもそも結婚指輪にジュエリーは付けるべきなのでしょうか?
記念品としての意味合いが強いエンゲージリングとは異なり、マリッジリングは日常生活でも身に着けるモノです。ジュエルが取れてしまったり、服に引っ掛かってしまう可能性があります。もし結婚指輪をジュエリー付きにするなら、爪で留めるタイプでは無く、指輪自体にジュエルを埋め込むタイプがお勧めです。ジュエリーの煌めきを楽しめる一方、普段の生活で支障になることはあまりありません。ジュエリーを極力傷つけたくない方は、指輪を付けっぱなしにはせず、状況によっては取り外すようにしてください。

お勧めの裏石

最近では結婚指輪の内側にジュエリーを入れる裏石も人気があります。
選択基準はカップルによって異なりますが、誕生石や石言葉が参考になります。
自分ではなく、相手の誕生日にちなんだジュエルを指輪の内側にする方法も、マリッジリングではお勧めです。裏ジュエリーが可能な工房を選んで指輪を手作りすれば、2人の絆はより一層強まります。

代表的な誕生石を紹介

裏石に良く使用されるジュエルと象徴している誕生月を紹介します。
ガーネット(1月)、アメジスト(2月)、アクアマリン(3月)、ダイヤモンド(4月)、エメラルド(5月)、ムーンストーン(6月)、ルビー(7月)、ベリドット(8月)、ブルーサファイア・ピンクサファイア(9月)、ピンクトルマリン(10月)、ブルートパーズ・シトリン(11月)、タンザイナイト・ブルージルコン(12月)です。

宝石の種類ごとの相場

ジュエリーの価値については一概に言えませんが、ダイヤモンド・エメラルド・ルビー・サファイア・アレキサンドライトといったジュエリーの相場は高く、ベリドット・ムーンストーン・アメジスト・トルマリン・シトリン・ガーネットなどのジュエリーの相場は一般的に低い傾向があります。

一覧へ戻る