ブログ記事

結婚指輪を手作りする際は耐久性のある素材を選びましょう

2018.11.06

4

耐久性が婚約指輪より求められる結婚指輪

結婚指輪は日常生活で身に着ける品だけに、耐久性については婚約指輪よりも重要視されます。加えて結婚指輪は男女ペアです。男性も指に嵌める訳ですが、男性は基本的に仕事中も指輪を着けっぱなしのケースが多いです。結婚指輪の素材が脆いと、壊れてしまう可能性もあります。もし結婚指輪を手作りするなら、プラチナの耐久性のラインはクリアした金属を手作り素材として選ぶようにしましょう。

耐久性が低いシルバー製の指輪

手作りリングの素材として活用される金属で、プラチナに似た白銀色系統の輝きを放つのがシルバーです。アクセサリーの材料として頻繁に用いられる親しみやすさや価格の安さ、加工のしやすさなどは、シルバーの魅力です。手作り指輪工房で、シルバーを使えるようにしているところは少なくありません。ただ耐久性に関しては、シルバーは問題があります。汗や温泉の硫黄成分などの影響で変色しやすい上に、強度が低いために変形したりする危険性が高いのです。もしシルバー製の指輪を普段から使用されるつもりなら、気を付けて取り扱うようにしてください。

耐久性が高いパラジウムの指輪

プラチナに似た白銀色の輝きを持つ金属として、近年注目を集めているのがパラジウムです。パラジウムはプラチナよりも硬い金属で、耐久性が高いです。一方、希少性はプラチナより低く、価格はプラチナの半分程度、しかも極めて軽いという特徴もあります。指に重さを感じさせない点は優れていますが、金属アレルギー反応を引き起こしやすい性質がデメリットです。また加工がしにくいため、プラチナやゴールドの配合成分としては良く用いられる反面、単体としてはまだ充分に普及しているとは言えません。

ストレスフリーな素材チタン

シルバー色のチタンは、プラチナの4分の1程度の重さで、超高強度です。人工関節などにも用いられる安全な金属ですので、ストレスフリーな指輪をお求めの方は、検討してみてください。

お勧め素材のジルコニウム

指輪の素材で個性を出そうとするならジルコニウムがお勧めです。本体はシルバー色ですが、特殊な技術で化学反応を起こさせると、表面に微妙な色彩が浮かび上がります。とても硬く、軽量なので、ペアであるマリッジリングにピッタリです。

一覧へ戻る