ブログ記事

結婚指輪の素材をシルバーにすると低い相場で手作りできます

2018.11.07

002

価格の安さが魅力のシルバー素材

結婚指輪の素材として良く使用される金属はプラチナやゴールドですが、シルバーも人気があります。ジュエリーにおける銀の魅力は何と言っても、その相場の安さにあります。マリッジリングの購入価格を抑えたいカップルにお勧めの金属素材だと言えるでしょう。但し銀は指輪の素材としてよりも、アクセサリーの材料として考える人が多いです。指輪の手作りを引き受けてくれる工房でも、銀を取り扱っていないケースがあるため、事前の確認が必要になります。

シルバーリングの積極活用

結婚する2人が納得しているなら、シルバー素材のリングを結婚指輪にしても、何ら問題はありません。ファッションリングとして販売されている銀製の指輪をマリッジリングにしているカップルも居られます。素材を銀にして相場を抑えながら、ダイヤやサファイアのような宝石をあしらい、デザインを華やかにすることも出来ます。

結婚指輪に相応しい強い輝き

銀は金属の中で最大級の反射率を持っています。その強い輝きはマリッジリングの素材に相応しいです。ただ変色しやすい、サイズ直しが難しいといったデメリットもあります。
変色については、ロジウムなどのメッキをすることで防げます。

結婚指輪をシルバーにした場合のメリット

結婚指輪の素材を銀にした場合、費用を気にせずふんだんに使用することが出来ます。そのため色々なデザインを楽しめます。この点は、ハンドメイドの素材に向いていると言えるでしょう。プラチナやゴールドを手作り指輪の素材にした方の中には、費用を気にしてリング幅を狭くしたりするケースもありますが、シルバーならそんな心配をする必要はありません。銀の黒ずみを結婚生活の時間と重ね合わせて「いぶし銀」の味を楽しむという趣向も一興です。

シルバーリングの相場

シルバーリングの相場は1万円前後です。プラチナやゴールドの指輪と比較して、10分の1程度の相場で、購入することが可能になります。手作りする場合も、素材費用が安くなるので、かなり価格が抑えられますので、オススメです。
「結婚指輪の手作りを体験したい」「でもあまり予算が無い」というカップルに銀で手作りの結婚指輪を作られては如何でしょうか。

一覧へ戻る