ブログ記事

結婚指輪を手作りする際の相場を左右するダイヤなどの追加オプション

2018.11.07

1-2

結婚指輪の平均相場2017年

「ゼクシィ結婚トレンド調査2017年」によると、結婚指輪の購入価格の平均相場は2人分で約24.1万円です。1本あたり約12万円ですが、女性のほうの指輪にオプションを付けて価格も高めにするカップルが多いようです。但しマリッジリングの価格帯には幅があり、5万円未満で購入するカップルも存在します。

価格の安さは手作り結婚指輪の魅力

手作りの指輪の魅力の1つが「相場の安さ」だと言われています。
実際ブランドの既製品と比べて、ハンドメイドのマリッジリングはデザイン料が掛からない分だけ価格は低くなります。素材や石の品質は高いにも拘わらず値段が抑えられている点に目を付けて、手作りの結婚指輪を購入するカップルも少なくありません。

手作り結婚指輪の料金体系

手作りの結婚指輪の相場は、どれくらいでしょうか?
正確な数値を知るのは、意外に難しいです。制作費用に指輪本体の価格を足すと、ハンドメイドの指輪の基本料金になります。工房によって異なりますが、ペアで10~15万円が大凡の相場です。刻印代や鏡面加工代などについては、基本料金に含まれるケースが多いです。別料金設定にしている工房もあるので、注意してください。この基本料金に、デザインに従って料金がプラスされていくのです。例えば、指輪のサイズや幅を大きくする場合の貴金属追加、ダイヤモンドを付ける場合の種類や大きさ、宝石を入れる石枠、石留め、アンティーク・ミル打ちといった特殊なデザイン加工などの追加オプションに、別費用が掛かります。

定価は存在しないダイヤモンド

ダイヤモンドの品質は、いわゆる4C(カット・カラー・クラリティ・カラット)によって決まります。また販売価格に定価は存在しません。しかし、ある程度の品質となると最低でも数万円は掛かります。そのため情報を自分で収集することが大切です。宝石を取り付ける場合は石留め代も掛かるので、注意しましょう。

お勧めできるメレダイヤの活用

0.2~0.1以下の小さなダイヤモンドのことをメレダイヤと呼びます。
結婚指輪の手作りにおいて価格を抑えつつジュエリーの輝きを付け加えたい方には、メレの活用がお勧めです。メレならオプション追加費用を1万円以下にすることも可能です。

一覧へ戻る