ブログ記事

結婚指輪を手作りする前に各デザインの特徴と違いを知っておきましょう

2018.12.17

5c5ba539ec7ab7ea8e8dbc84efbdaf46_s

結婚指輪のデザインごとの違い

結婚指輪の手作りにチャレンジされる方は、まず人気の指輪のタイプとそれぞれの違いを押さえておきましょう。迷った際には、人気のある意匠を基本に考えてください。デザインごとの違いを知っておけば、自分やパートナーの指に似合うリングの形も自ずから分かってきます。マリッジリングの手作り体験を是非楽しんでください。

ストレートデザインの指輪の特徴

ストレートの指輪は、文字通りラインが「真っ直ぐ」になっています。マリッジリングの意匠としては最もシンプルで、アクセサリーなどに不慣れな男性にもお勧めです。指輪の幅は現在2.5㎜と3㎜が主流ですが、同じストレートの指輪でも2.5㎜は「優しい」、3㎜は「存在感がある」といった印象の違いがあります。また断面の形状でもシャープ型とかまぼこ形があり、シャープ型だと「カジュアルな」、かまぼこ形だと「落ち着いた」雰囲気になります。

ウェーブデザインの指輪の特徴

ウェーブの指輪の中でも「ひねり」が入ったタイプは、人気が高いです。その優美な印象から女性向きだと思われがちなウェーブですが、曲線によって指や関節の太さを打ち消してくれるので、男性にもお勧めです。ストレートと並んで、結婚指輪で人気がある意匠です。全体的にウェーブしている形状は、「S字」と呼ばれます。

V字・U字デザインの指輪の特徴

V字の指輪は、かなり指先の印象を変化させます。それだけ存在感が強い意匠なのです。V字の縦の切り込みの程度によって雰囲気がかなり変わるため、V字の結婚指輪を手作りするなら、デザインの段階で、予め角度をシッカリ決めておくようにしなければなりません。U字はV字よりゆるやかで優しいイメージを指先に与えます。

手作り結婚指輪のデザインは世界に1つだけ

「折角結婚指輪をハンドメイドするのだから」と張り切って、凝ったデザインにしてみたいと考える方も少なくないでしょうが、マリッジリングはあくまで日常生活で身に着けるモノであることを忘れはいけません。「飽きが来ない」「使いやすい」デザインが、お勧めです。そもそも「手作り」の指輪そのものが、「世界で1つだけのオリジナル」という条件を既に満たしているのです。リングの内側に裏石やイニシャルを入れたりなどすれば、他の指輪との違いも出せます。

一覧へ戻る