ブログ記事

結婚指輪を手作りした後に時間が経ってサイズ直しが必要になったら?

2018.12.17

3

結婚指輪のサイズが合わなくなった際の相談先

結婚指輪は一生に渡って身に着け続けるものですが、年月が経つにつれ、サイズが指に合わなくなってくる可能性があります。折角手作りしたマリッジリングがキツくなったり緩くなったりしたら大問題です。そのような時は、まずは指輪の手作りを行った工房に相談してみましょう。現在のお客様の指にピッタリ嵌まるようにサイズ直しをしてくれます。

結婚指輪のサイズ直しにおける料金設定

手作り指輪工房では、アフターサービスの一環としてその店舗で拵えた結婚指輪のサイズ直しを引き受けてくれます。但し料金設定は各工房によって異なりますので、早い段階から確認しておいてください。「永久無料保証」のところもあれば「5年間など時間を区切って無料で引き受けてくれる」ところ、「無料だが回数制限がある」ところ、「指輪のデザインによって無料になったり有料になったりする」ところ、「最初から有料」のところなど、対応は分かれます。

指輪のサイズを小さくする方法

指輪のサイズを小さくするには「切り離して一部分を取り除く」「全体を均しく圧縮する」「内側にパーツや突起を付け加えて内径を小さくする」といった方法があります。指輪の地金を切除する手法が一般的であり、有料の場合は費用が凡そ数千円掛かります。

指輪のサイズを大きくする方法

指輪のサイズを大きくするには「切り離して素材を付け足す」「内側を削り取る」「切り離さずに叩いて伸ばす」といった方法があります。切った箇所を拡げて素材を付け足す方法が一般的です。地金を足すことになるため、サイズを小さくするより費用が掛かります。有料の場合は、まず見積もりを出してもらいましょう。

結婚指輪のサイズ直しに要する時間

手作りした結婚指輪のサイズを直すのに掛かる時間は、依頼した工房によって異なります。数日で出来るケースは少ないです。通常は数週間程度は直すための時間を要します。結婚指輪の素材やデザインによっては、サイズ直しが難しくて1ヶ月以上指輪を工房に預けなければならなくなったり、デザインを変更しなくてはならなくなったりする場合もあります。サイズ直しを依頼する際には、時間に余裕を持って予定を立てて下さい。

一覧へ戻る