ブログ記事

結婚指輪をプラチナにするなら相場を抑えられる手作りがお勧めです

2018.11.07

19cb1ea62ffcd187337443cf13cd9dc8_s

指輪の素材として人気のプラチナ

結婚指輪の素材には伝統的にプラチナ(白金)やゴールドが使われてきました。既製品はもちろん、手作りでもこの2つの素材は人気です。他の金属を混ぜることによって指輪に適した合金にしている品も多いです。

プラチナ素材のメリット

プラチナは何故マリッジリングの素材として人気なのでしょうか?
まず見た目の美しさが挙げられます。その圧倒的な白さは単体でも綺麗ですが、ダイヤとの相性は抜群です。産出量が少なく、希少価値が高い点も見逃せません。もちろんその分相場は高くなってしまいますが、変質や変色をしにくいという利点もあります。肌に馴染みやすくお手入れも簡単、お湯や汗などへの抵抗力も強いため、日常生活で使用する結婚指輪にお勧めの素材と言えます。また白金は柔らかい金属で、細工がしやすいのも特徴です。この点、手作りに向いています。

プラチナの純度

プラチナリングを選ぶ際に注意していただきたいのが、純度です。
白金の純度表示にはPt850、Pt900、Pt950、Pt1000などがあり、数字が大きいほど純度も高くなります。Pt850は純度85%、Pt900は純度90%を意味します。白金は柔らかいため、他の金属を加えて硬度を高めているのです。混ぜる金属にはパラジウムやイリジウムなどがあります。日本で使用される指輪の白金の純度は、Pt900のケースが多いです。なお、純度100%の白金は厳密には存在しないため、近年ではPt1000では無く、Pt999と表示する例が増えています。

プラチナ素材の結婚指輪の相場

白金素材の指輪は、基本的に純度が高くなればなるほど相場も上がります。
Pt950とPt900を比較すると、純度95%のプラチナリングのほうが、5000~1000万円程度高いです。白金素材の結婚指輪の相場は1本あたり15~20万円といったところです。

価格を抑えられるプラチナ素材の結婚指輪

既製品と比較して、手作り結婚指輪の相場は安いです。
それは白金素材であっても変わりません。余計なオプションを付け加えなければ、基本料金と素材(白金)費用のみで済むため、10万円台前半、工房によっては10万円以下で白金素材の手作りマリッジリングを手に入れることも可能です。

一覧へ戻る