ブログ記事

結婚指輪の購入に関して「手作り」を選択した場合のメリットを紹介

2018.11.09

1-1

手作り結婚指輪のメリット

近年では、結婚式の形式について「オリジナル」にこだわるカップルが増えてきています。
指輪の交換は、結婚式における最大の見せ場の1つです。
マリッジリングを単なる完成品・既製品以上の「2人だけの特別なリングにしたい」と考えるカップルにお勧めしたいのが手作り結婚指輪です。そのメリットを、紹介いたします。

メリット①デザインは自由自在

結婚指輪を手作りする最大のメリットは、何と言っても自分たちの希望や好みを思いのままに指輪に盛り込めるところにあります。
ラインやデザインのような全体のシルエット、シルバー・プラチナ・ピンクゴールドといった材質、宝石の位置やリングのカーブなど、ポイントごとにデザインを楽しめます。
婚約指輪と重ねづけしたり、2人の記念日やイニシャルを刻印したり、楽しみかたは無限大です。

メリット②オンリーワンの指輪

婚約指輪を手作りする際には、指輪の素材とジュエルのバランスが大切です。
リングの材料としてプラチナの人気が高い理由の1つは、どのジュエルとも相性が良い点にあります。指輪の素材をピンクゴールドやイエローゴールドにした方は、ジュエルの選択を慎重にしてください。カラーストーンは意外に映えるので、お勧めです。

メリット③好みの尊重

マリッジリングはペアリングですが、既製品では似たようなデザインでセットになっているケースが多いです。カップルの好みがそれぞれ違うと、片方の趣味に合わせなくてはなりません。
手作り結婚指輪におけるメリットの1つは、デザインの自由度の高さです。異なる意匠にしても、素材や刻印などでペア感を演出できます。

メリット④思い出の共有

結婚指輪の手作りには、指輪のデザインから制作に至るまで様々な段階の作業が存在します。そのどれもが貴重で、滅多に出来ない経験です。
「既製品の購入」と比較して、インパクトは極めて大きいと言えるでしょう。
指輪を作っている風景の、ビデオや写真での撮影をお勧めいたします。
結婚式でムービーやスライドショーに活用すれば、盛り上がること間違いなしです。

一覧へ戻る