ブログ記事

結婚指輪と婚約指輪の兼用品を手作りするならエタニティデザインがお勧め

2018.11.06

17726afeab7b3ddd80a111bf95ba19f2_s

「永遠の愛」を象徴するエタニティリング

エタニティリングとは、アーム部分に宝石を並べたタイプの指輪のことを指します。
宝石は同じカット同じサイズで、一般的にダイヤモンドであるケースが多いです。途切れることなく並んだ宝石は「永遠に変わらない愛」を意味しており、結婚指輪や婚約指輪に相応しいデザインとして人気を集めています。

結婚指輪としてのエタニティリング

エタニティリングはふんだんに宝石(ダイヤモンドなど)を使用するデザインの指輪です。
そのため女性へのプレゼントである婚約指輪に最適ですが、結婚指輪の意匠として採用するカップルも少なくありません。その場合はエンゲージリングは特別に用意せず、代わりに女性側のマリッジリングをエンゲージリングと兼用させる方法が良く採用されます。婚約指輪と結婚指輪を同一にして、その分だけ指輪のグレードを上げるのです。

宝石はダイヤ以外も可能

結婚指輪の手作りデザインにエタニティタイプを採用するなら、宝石の種類・質・数の選択が重要になります。宝石代やセッティング費用は、基本料金とは別だからです。宝石はダイヤモンドに限定されている訳ではありません。他の宝石を使用してもOKです。手作り指輪の醍醐味はデザインの自由度の高さにあるので、思い切って他の宝石を使ってみても個性的で面白いかも知れません。但し手作りのマリッジリングに取り付ける宝石は、ある程度の硬度が要求されます。脆い宝石だと、日常生活で破損してしまう可能性があるからです。

フルエタニティとハーフエタニティ

エタニティの指輪にはフルタイプとハーフタイプがあります。
フルはリングの全周に宝石が留められており、ハーフは半周だけ宝石が入っています。「途切れることのない永遠の愛」という意味合いにピッタリなのはフルですが、ハーフにも「サイズ直しがしやすい」「価格が安くなる」などの利点があります。

宝石のセッティング方法

宝石付きの指輪では、宝石のセッティング方法が重要です。
立て爪が代表的ですが、2本のアームで宝石を挟む「はさみ留め」や金属で囲うベゼルセッティング(覆輪留め)といった技法もあります。手作り指輪に宝石を付けたい方は、工房で可能なセッティング方法を事前に確かめておきましょう。

一覧へ戻る