ブログ記事

結婚指輪の手作りの素材選びで注意するべきこと

2019.02.12

4

結婚指輪を手作りする場合、素材から選ぶ必要があります。その中で、結婚指輪の素材選びは、どのようなことに注意しておかないといけないのでしょうか。今回は、結婚指輪の素材選びで注意すべき点について解説していくので、参考にしてみてください。

手作り結婚指輪の素材選びでの注意点

結婚指輪の素材は、印象を決める上で大切な要素です。手作りで製作する上では、特に素材選びには注意することが重要になります。手作り結婚指輪の素材選びで、どのようなことに注意しないといけないのか、紹介していきましょう。

1.価格

手作り結婚指輪は、自分で作業することから比較的安価で手に入れることができます。ただ素材やデザインによっては、高額になることもあるので、事前に素材によってどれくらい金額が違うのか、把握しておくことが重要です。

比較的プラチナは、ゴールドなどよりも高額になるため、選ぶ時には予算と相談しておく必要があります。

2.デザインや宝石との相性

手作り結婚指輪を製作する場合、デザインなどを決めてから製作し始めます。その時に、素材とデザインや宝石の相性が悪くないか、事前に確認しておくようにしましょう。

最初はイメージしかできないため、完成してから思っていたのと違う状態になっても遅いことから、素材選びは慎重に行うことが大切です。

3.相手の好み

素材は、イエローゴールドやピンクゴールドなど、色が入っている物もあるため、相手の好みに左右される可能性があります。後から理想の結婚指輪の話を聞いて後悔しないためにも、好みをリサーチしてから選ぶように注意してください。

4.品質

素材を選んだとしても、どれくらいの割合で金属が使用されているのか、素材を選ぶ前に確認しておくことが重要です。もしかすると、金属アレルギーなどで、つけることができない素材も入っている可能性があるので、しっかり確認してから素材を決めましょう。

5.耐久性

手作り結婚指輪は、毎日つけることを考えると、耐久性に優れた素材であることが大切です。また変色することも検討すると、手入れが比較的必要のない素材を考慮することも大切になります。

素材的には、プラチナよりもゴールド系の方が耐久性が高い性質を持っているので、素材を選ぶ時の参考にしてみてください。

まとめ

結婚指輪を手作りで製作すると、相手はきっと喜んでくれます。しかし、素材の選び方を間違えてしまうと、ガッカリされてしまう恐れがあるので、真剣に選んで失敗がないように注意しましょう。

今回紹介した素材選びの注意点を参考に、欲しい素材を決めてみてください。

一覧へ戻る