ブログ記事

結婚指輪の手作りに誕生石を使用する場合は事前に相場を確認しましょう

2018.12.21

3-2

結婚指輪にお勧めの誕生石

結婚指輪は素材にプラチナやゴールドを使用してシンプルなデザインに仕上げたモノが一般的ですが、近年では誕生月にちなむ宝石をリングに付ける方も少なくありません。手作りの指輪なら、同じ素材でも既製品より相場は安くなりますので、浮いた費用を誕生石に回してみては如何でしょうか?手作りのペアリングで、カップル互いの誕生に由来する宝石を指輪に埋め込むのも素敵です。

パワーストーンの一種である誕生石

誕生石とは、1~12月それぞれに当てはめられた天然の宝石のことです。その月に誕生した人の守護石であり、身に着けることで何らかの御利益があると考えられています。持ち主の潜在能力を引き出したり、幸運をもたらしてくれるパワーストーンの一種です。結婚指輪は生涯にわたって指に嵌め続けますので、付けるのに最適のアイテムと言えるでしょう。

各月の誕生石と別名

各月の誕生石を紹介します。1月はガーネット、2月はアメシスト、3月はアクアマリン・コーラル、4月はダイヤモンド・クリスタル、5月はエメラルド・アベンチュリン・ジェイド、6月はムーンストーン・パール・アレキサンドライト、7月はルビー・カーネリアン・インカローズ、8月はペリドット・サードニックス、9月はサファイア・アイオライト、10月はオパール・ローズクォーツ・トルマリン、11月はトパーズ・シトリン、12月はターコイズ・タンザナイト・ラピスラズリです。

月によって複数存在する誕生石

誕生月にちなむ宝石は、月によって複数存在する場合もありますが、その中でも結婚指輪に最適な石を誕生石として取り扱っています。

誕生石は指輪の裏面がお勧め

結婚指輪は日常生活の中でも身に着けています。そのため、手作りの指輪に誕生月に由来するパワーストーンを付ける際には、裏面に嵌め込むと良いでしょう。相場に関しては宝石の費用と加工代が掛かりますが、指輪のデザインを損なわずに「秘密のお洒落」を楽しむことが出来ます。但し一口に誕生石と言ってもサファイアの相場と水晶の相場は異なりますので、事前の価格確認は怠らないようにしてください。

ハムリの誕生石はガーネットだけでも4種類のカラーをご用意しており、他の宝石も色のバリエーションがある場合がありますのでご相談ください。
一覧へ戻る