ブログ記事

結婚指輪を手作りする際におしゃれにみせるデザインポイントとは?

2018.11.06

30913cfabf4e450385a104fba912e27d_s

結婚指輪をおしゃれにみせるポイント

「結婚指輪を手作りするなら、おしゃれなデザインにしたい」というカップルは多いと思います。けれどもマリッジリングはエンゲージリングとは異なり、日常生活で身に着けることが前提です。意匠にこだわりすぎて、ぶつけやすくなったり、非衛生的になるのは、困りものです。エンゲージリングを用意せずにその分の費用をマリッジリングに回した方はマリッジリングの仕様を豪華にしたいと考えがちですが、「マリッジリングはエンゲージリングとは違う」という点は、しっかり押さえておかなくてはなりません。
「さり気ないおしゃれ」がマリッジリングを魅力的にみせるポイントです。マリッジリングを手作りする場合には、シンプルな意匠を基本とし、そこにオリジナル性を加える方法がお勧めです。結婚指輪の基本デザインを紹介致します。

ストレートタイプの結婚指輪

シンプルなので飽きにくく、職場でも着けやすいため、男性にも人気なのがストレートタイプの指輪です。ストレートタイプの結婚指輪は婚約指輪との重ね着けもしやすいので、女性にもお勧めです。手作りしやすい意匠でもあります。

ウェーブデザインの結婚指輪

波打つようなデザインのウェーブタイプは、優美さが魅力です。ペアリングを手作りする際に、男性はストレート、女性はウェーブと、異なる意匠にするカップルも居られます。そうすると、女性の指輪のおしゃれさが、より引き立ちます。

V字型とU字型の結婚指輪

アルファベットのV字に沿った意匠がV字型、V字よりなだらかな形にしたのがU字型です。V字は太い指に合います。U字はV字の尖った雰囲気が苦手な方に向いています。V字を男性、U字を女性の結婚指輪のデザインにするカップルも居ます。

幅広デザインの結婚指輪

一般的なリングより幅の広い意匠の指輪を「幅広」と呼びます。存在感があり、凝った指輪を嵌めたい男性に人気です。面積が広いため、文字や模様を入れやすいというメリットがあります。ペアリングの場合、意匠を同一にしつつ、女性のほうの指輪の幅を少し狭くするなど工夫したら、よりおしゃれ度が高まります。

一覧へ戻る