ブログ記事

結婚指輪の手作りでは素材も重要!変色しやすい素材とは

2019.01.31

f04358d8b248f7d5a7397350eaeb0e57_s

結婚指輪に使われる素材の中には変色に弱い素材もあります。
実際に指輪の素材として選ばれるときには、事前に知っておきたい知識ではないでしょうか。
ここでは変色に弱い素材と変色に強い素材をご紹介いたします。

変色に弱い結婚指輪の素材とは

変色に弱い素材としては、シルバー、ゴールドなどが挙げられます。
それぞれ、解説していきます。

・シルバー
シルバーは結婚指輪に使われる素材として、最も変色しやすい素材になります。
シルバーは年季が経つにつれて、変色が生じます。そのため、最初の美しいシルバーの輝きは鈍いものとなっていきます。
他にも素材の特性上、錆びやすい素材でもあります。
・ゴールド
ゴールドはシルバー程ではありませんが、変色にやや弱い面がございます。
温泉に入れてしまったり、汗によって変色が生じることがあるので注意が必要です。
ゴールドにも種類があり、ホワイトゴールドであればメッキが剥がれるため、変色しやすかったりします。
上記の素材を結婚指輪に用いる際は、メンテナンスなどに配慮が必要になるでしょう。
ゴールドは人気素材ですので、選ばれる方も多いです。
少しでも状態をよく保つためにも、丁寧に取り扱うように心がけてみてください。

変色に強い素材とは

変色に強い代表的な素材は、プラチナが挙げられます。
プラチナの変色耐性について解説していきます。

・プラチナ
プラチナは素材の性質上、変色しにくい素材です。
変色しない素材がよい、という方はプラチナを選ばれるのがよいでしょう。
しかし、万能の素材ではない為、プラチナにも欠点があります。それは、金属の中では比較的柔らかいため、傷がつきやすい傾向があるという点です。
結婚指輪の素材を選ぶ際は、素材の長所・短所を踏まえて、決定が必要でしょう。

まとめ

変色に強い、弱い素材をそれぞれご紹介しました。
シルバーなどは変色に弱く、プラチナは強いです。しかし、どんな素材にも長所・短所があるため、
それを踏まえて、結婚指輪の素材を選ぶことがベストな選択ではないでしょうか。

一覧へ戻る