ブログ記事

結婚指輪を手作りする際にはメレダイヤを活用したデザインがお勧め

2018.11.06

4302db364a1a5d905befd69883431ce9_m

小粒ダイヤの配置場所で雰囲気が変わるメレ

指輪のデザインにおいてソリティアと並ぶ人気を誇るデザインがメレです。
小粒ダイヤモンドつきのリング意匠を指します。小さなダイヤモンド(一般的に0.1~0.2カラット以下)を、センターストーンを引き立てる名脇役としてちりばめるのです。サイドストーンリングとも呼ばれます。小粒ダイヤの配置場所によって指輪の雰囲気がガラリと変わるため、手作り指輪の意匠を個性的にしたいと考えている方は、サイドストーンリングの知識も深めておくようにしましょう。

華やかなリングデザインであるメレ

小さなダイヤモンドをセンターストーンの周辺に添えるメレは、とても華やかな指輪デザインです。結婚指輪よりも、婚約指輪に向いている意匠と言えるでしょう。手作りの婚約指輪をサイドストーンタイプにするカップルは少なくありません。手作りの結婚指輪はシンプルなタイプにして、サイドストーンタイプの婚約指輪と重ね着けする女性の方も居られます。

結婚指輪にも向いているメレタイプ

メレは婚約指輪向けのリングデザインですが、結婚指輪の意匠に採用しても何ら問題はありません。エンゲージリングを購入しない代わりに、マリッジリングを豪華にする選択もあります。その場合、サイドストーンタイプは最適です。小粒ダイヤモンドの数を調整することで、価格をコントロールできるのもメリットでしょう。

メレリングの演出法

メレリングは、小粒ダイヤの配置の仕方で指輪が醸し出すムードが大きく変化するため、演出にこだわる方にお勧めです。小粒ダイヤを数個あしらうと清楚な雰囲気に、アームに盛りだくさん並べるとゴージャスな雰囲気になります。センターストーンの周囲に置くと、メインの宝石を大きく見せることも出来ます。

メレダイヤの活用を

手作りの結婚指輪で宝石を扱いたい方は、小粒ダイヤを活用しましょう。価格を抑えつつ、アクセントとしての宝石を楽しめます。センターストーンのような豪華さはありませんが、お洒落で上品な指輪に仕上げることが出来ます。

一覧へ戻る