ブログ記事

結婚指輪が手作りで出来るまでの期間は製法によって異なります

2018.12.17

1

鍛造製法のお店と鋳造製法のお店

結婚指輪をハンドメイドする場合、どのような工程があり、どの程度の期間が必要なのでしょうか?指輪を手作りする方法は、主に2種類あります。鍛造製法と鋳造製法です。それぞれ作業工程や指輪が出来るまでの日数が異なります。指輪の手作り工房は、鍛造製法専門のお店、鋳造製法専門のお店、鍛造製法と鋳造製法のどちらも選べるお店に分かれていますので、訪問前に電話などで確認するようにしてください。

最初はデザインの打ち合わせ

鍛造製法でも鋳造製法でも、手作り指輪の工房を訪ねて最初に行うのは、デザインの打ち合わせです。ここを疎かにするとその後の作業に支障を来しますので、工房のスタッフとの話し合いは入念に行ってください。パートナーどちらにとっても理想の結婚指輪のデザインを決定します。

鍛造製法と鋳造製法の作業工程

デザイン決定後の結婚指輪制作について、出来るまでの流れを解説します。鍛造製法では、ゴールドやプラチナなどの指輪の素材を選び、棒状の金属をお客様自身が叩いたり伸ばしたりして、指輪に仕上げていきます。指輪のデザインは、シンプルなタイプが多いです。鋳造製法では、ロウソクのようなワックスを削って指輪の原型をお客様に作っていただきます。デザインの自由度は、かなり高いです。

職人による仕上げ

ハンドメイドのマリッジリングが出来るまでの工程における最終段階では、工房の職人が丁寧な仕上げを行ってくれます。そのため、既製品に負けないピカピカのマリッジリングを手に入れることが出来ます。

鍛造製法と鋳造製法で異なる完成までの期間

結婚指輪の手作りに要する期間は、工房によって異なります。デザイン決定や実際の指輪制作にそれぞれ数時間掛かるとして、半日から丸1日程度はお客様に工房に居ていただくことになります。但し鋳造製法では、お客様が作ったワックスの型をもとに鋳型を拵えて、そこへ金属を流し込む作業をスタッフが後日行わなくてはなりません。指輪が出来るまでの期間は鍛造製法なら早ければ1日(即日持ち帰り)ですが、鋳造製法だと数週間から数ヶ月(目安は1ヶ月)掛かるのが普通です。

一覧へ戻る