ブログ記事

結婚指輪が必要で「時間がない」方に手作り指輪工房は頼りになります

2018.11.07

5

結婚指輪の準備は早めに

「結婚指輪が今すぐに必要」という事態に陥ったら、どうすれば良いのでしょうか?
方法は主に2つあります。1つは店頭の既製品を購入する方法です。もう1つは専門の工房で指輪を手作りする方法です。どちらも運が良ければ、当日のうちに結婚指輪を手に入れることが出来ます。けれど、そもそもマリッジリングは挙式の数ヶ月前には用意しておくものです。「時間がない!」と焦る事態に陥らないように、早め早めに準備を済ませておくようにしましょう。

急場には間に合わないセミオーダーとフルオーダー

専門店で販売している指輪には、既製品・セミオーダー・フルオーダーの3種類があります。このうちセミオーダーとフルオーダーは指輪のデザイン変更が必要になりますので、「時間がない!」という急場には間に合いません。頼めば納品時期を早めてくれる可能性もありますが、それでも最低1週間以上は掛かるでしょう。

「当日持ち帰りOK」の店

数日のうちにマリッジリングを急遽揃えるには、店頭の既製品を持ち帰るのが1番手っ取り早い方法です。ただ後でトラブルにならないように「当日持ち帰りOK」の姿勢を明確にしているショップを選びましょう。また購入の際は後日のサイズ調整が可能かどうかも確かめてください。サイズ調整を無料で行っているブランドも多いので、落ち着いたらサイズを直してもらいに行くと良いでしょう。

お勧めは「彫金(鍛造)製法」

「当日持ち帰りOK」と言えば、結婚指輪を手作りできる工房で「制作したその日に持って帰ること」が可能であると宣言しているところは多いです。ただし、それは金属を叩いたり伸ばしたり溶接したりする彫金(鍛造)製法を採用している工房に限られています。ワックスを削って指輪の原型を作る鋳造製法の場合は、数週間の作業工程が必要です。時間がない方はネットなどで、鍛造技法を採用している手作り指輪工房を探してみましょう。

「性急な行い」は迷惑

「彫金(鍛造製法)」を行っている指輪工房は、時間がないカップル、結婚指輪をすぐにでも欲しいと考える人たちには有り難いところですが、多くは予約性です。また刻印など追加オプションに時間が取られるケースもありますので、性急に押しかけたり依頼するのは止めましょう。

一覧へ戻る