ブログ記事

手作り結婚指輪を作るのにどれ位来店する必要がある?

2019.02.08

05

二人が共同で製作することで大切な思い出を共有することができる手作り結婚指輪。完成するまではどれくらい来店しないといけないのでしょうか。今回は手作り結婚指輪が完成するまでの来店回数について詳しく解説していきます。

手作り結婚指輪を完成して渡すまでに平均1~2回

手作り結婚指輪の形状やデザイン、店舗によって完成まで来店する回数は微妙に異なりますが、平均的には1~2回の来店で結婚指輪を受けとることができます。

基本的には、デザインなどのイメージが曖昧であっても、1度目の来店でデザインの提案から製作まで一貫して行ってもらうことが可能です。お忙しい方でも、3時間ほど時間を調整して頂ければ、手作り結婚指輪の製作ができるので、気軽に試して頂けます。

手作り方法やオプションの加工によっては、お渡しするタイミングが当日ではなく、日を改めることがあるため、来店は合計2回は必要になることもあるでしょう。

事前にどれほど来店しないといけないのか、確認を取っておくことをおすすめします。

手作り結婚指輪の製造方法は主に2種類

手作り結婚指輪の製造方法は、基本的に「彫金タイプ」と「鋳造タイプ」があります。彫金タイプは、金属を曲げたり切ったりすることで、理想的な形状にし、手作り製作する方法であるため、来店1日で完成品を受け取ることが可能です。

鋳造タイプについては、ワックスで型を製作し、職人が型に溶かした金属を流し込むことで、結婚指輪が完成する方法になります。

形状が安定するまで時間がかかるため、鋳造タイプについては来店が2回以上かかることが多いでしょう。

ただ鋳造タイプは、金属を溶かして金属の形状を整えるため、デザイン性が複雑で繊細な部分まで表現することができます。

彫金タイプの方が手作り感があって、すぐに結婚指輪を完成させることができますが、デザイン性にこだわりがある場合は、鋳造タイプにした方がいいでしょう。

まとめ

手作り結婚指輪を完成させて受け取るまでに、来店は平均して1~2回必要になります。一度デザインを確認して改めて来店することを考えると、2~3回必要になる方もいるかもしれません。

また製造方法でも来店回数が異なり、彫金タイプなら1回、鋳造タイプであれば2回は来店する必要があります。

製造方法によって、製造できるデザインも異なるので、慎重に決めることが重要です。満足できる手作り結婚指輪を求めるのであれば、来店回数を含めた、計画性を持って手作りしていくことが大切になります。

一覧へ戻る