ブログ記事

手作り結婚指輪のヘアラインの特徴について

2019.02.12

gahag-0095000804-1-1

手作り結婚指輪の仕上げ方法は様々あり、その中でも横のラインに沿って傷が見えるヘアラインは、金属の質感があり、素材の味を活かす仕上げ方法になります。
具体的には、ヘアラインの特徴とはどんなことがいえるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

ヘアラインとは?

手作り結婚指輪の仕上げ方法の一つとして、ヘアラインという仕上げがあります。紙やすりで磨き上げる加工の手段で、横のラインに傷のような物が見えるのが特徴です。

金属の質感をより得ることができる仕上げ方法で、縦のラインの溝が光を綺麗に反射する性質を持っています。

傷のように見えることから、普段から使用していても傷が目立つことがない仕上げになっているので、長期的に使用しやすい仕上げ方法といえるでしょう。

ヘアラインの特徴

髪の毛のように、細い傷のような筋を入れるヘアラインは、手作り結婚指輪ならではの特徴を入れることができます。具体的に、どのような特徴があるのか、詳しく紹介していきましょう。

1.シルクのような輝き

紙やすりで一方向に線を入れることから、素材が乱反射してシルクのような輝きを実現することができます。鏡面仕上げとは別の輝きを演出してくれるので、どちらの輝きがいいのか、一度確認しておくようにしましょう。

落ち着いた質感で独特な輝きを演出してくれるので、派手ではなく大人な雰囲気を感じることができます。上品でありながら控えめな印象のある仕上げになっているのが魅力です。

2.立体感があり男性ウケがいい

シャープな印象がある仕上げ方法で、立体感が演出されているのが、男性ウケがいい理由になっています。大人な雰囲気で、仕上げることができるので、落ち着いた印象を周囲に与えることが可能です。

普段アクセサリーを着用しないという方でも、導入しやすい仕上げ方法となっているので、どんな方にもおすすめできる仕上げ方法になります。

また些細な傷が発生しても、ヘアラインの傷と同化することで、目立たないのも魅力の一つです。

まとめ

手作り結婚指輪の仕上げ方法として、ヘアラインは男性におすすめの手段といえます。大人な雰囲気でシルクのような輝きを演出してくれることから、上品で控えめな印象を与えることが可能です。

手作りで仕上げる場合は、紙やすりで一定方向に傷をつける必要があります。少し難しい部分もありますが、シンプルに仕上げることができるので、それほど手間ではありません。

綺麗に仕上げて、独特な輝きで結婚指輪を彩っていきましょう。

一覧へ戻る