ブログ記事

手作り結婚指輪のつや消しの特徴について

2019.02.12

gahag-0078335921-1

手作り結婚指輪を製作する上で、最後の仕上げ方法は輝きを左右することから、慎重に決めることが重要です。その中で、手作り感が一番ある方法がつや消しになります。つや消しとは、どのような仕上げ方法なのか、詳しい特徴を解説していきましょう。

つや消し仕上げとは?

手作り結婚指輪の仕上げ方法として、つや消し仕上げがあります。「マット仕上げ」とも呼ばれていて、表面に細かい凹凸を刻むのが特徴です。

落ち着いた質感や輝きが備わっていて、元から傷がついているような演出であるため、長期的な使用で発生する傷も目立たなくしてくれます。

手作り感があり、立体的な仕上がりになっているのが魅力です。近年では人気の仕上げ方法になっているので、光沢を抑えて柔らかみのある雰囲気を演出したい方にはおすすめになります。

つや消し仕上げの特徴

光沢を抑えて手作り感のある印象を与えるつや消し仕上げは、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.女性に人気

つや消し仕上げの手段は、しっとりとした雰囲気で、大人な印象を与えることから、女性に人気となっています。特に、結婚指輪の素材がゴールドであった場合は、つや消し仕上げとの相性がよく、おしゃれな雰囲気を演出することが可能です。

素材の良さを引き立てる仕上げ方法で、手作り感があるのも魅力になります。手作り結婚指輪の中では、一番手作り感が出る仕上げ方法なので、温かみのある雰囲気があるのが特徴です。

2.つや消し方法は店舗によって異なる

つや消しの仕上げ方法は、製作する手作り結婚指輪の店舗によっても異なります。細かい粒子を機械で吹きかけることで、凹凸をつける方法もあれば、やすりで細かく傷をつける方法もあるので、どのような方法が自分のやり方に合っているのか調べてみましょう。

全体的につや消し仕上げは、優しい質感が魅力になっているので、素材の温かみを演出したい場合は、つや消し仕上げで光沢を抑えることを意識してみてください。

まとめ

手作り結婚指輪の表面に凹凸をつけることで、落ち着いた雰囲気や光沢を抑制する効果が期待できます。大人な印象を際立たせて、しっとりしたイメージから女性に人気のある仕上げ方法です。

あえて傷をつける仕上げ方法であるため、長期的に使用しても傷が目立ちにくく、長期的な使用が考慮される結婚指輪におすすめの仕上げ方法といえるでしょう。

独特な輝きでマットな仕上がりになるつや消しは、立体的に演出することができるので、一度検討してみてください。

一覧へ戻る