ブログ記事

手作り結婚指輪でデザインを決めるときにかかる時間は?

2019.02.08

04

手作り結婚指輪を製作するためには、まずデザインを決めることが大切です。そんなデザインを決める作業は、どれくらいの時間で完了することができるのでしょうか。手作り結婚指輪を製作する時のデザインの時間について紹介していきます。

スタッフとデザインの打ち合わせ

手作り結婚指輪を製作する際には、まずスタッフと打ち合わせを行い、どのようなデザインで製作していくのか、スタッフの方が提案してくれます。

複数のサンプルに目を通してから決めることができるため、イメージがない状態で来店しても、安心してデザインを決めることが可能です。

ある程度のイメージができ、デザインを決めることが出来た後は、ワックスで型を決めるので、より正確なデザインの打ち合わせを行い、型の製作に入っていきます。

ここまでのデザインを決める作業では、すでにイメージがある方であれば、1時間もかからないうちにデザインを決めることが可能です。

イメージがない方でも、2時間程度でデザインを決める方もいるため、それほど時間がかかることはないでしょう。

ただ中には、一度持ち帰ってからデザインを考えてくる方もいるためデザインを決める時間は、人それぞれといえます。

基本的にデザインの相談や見積もりは無料

手作り結婚指輪を製作する店舗にもよりますが、ほとんどの店舗では、基本的にデザインの相談や見積もりは無料で行ってくれます。

そのため、手作り結婚指輪を製作するといった、大まかな考えであっても、来店してから詳細を決めることが可能です。

来店してから初めて知る型の見本もあるので、一度来店してからじっくり考えてみるのもいいでしょう。理想的なデザインを考慮して、二人で相談した結果、どのようなデザインで手作り結婚指輪を製作するのかスタッフに相談してみてください。

製造方法は彫金タイプと鋳造タイプがありますが、多くの方はデザイン性が豊かな鋳造タイプを選ぶ傾向にあります。鋳造タイプの場合は、柔軟な対応ができるので、繊細なデザインを表現することが可能です。

まとめ

手作り結婚指輪を製作する上で、デザインを決めるのは大切なことです。ただデザインを決めるのは、二人で悩まなくても、スタッフに相談することができます。

見本を見ながら、話の内容から理想のデザインを提案してくれるので、気軽に来店するところから始めていきましょう。

デザインを決める時間は人によってそれぞれですが、2時間以内には決めて、製作する段階に移行することができます。

一覧へ戻る