ブログ記事

手作り婚約指輪の磨き直しにかかる手間と時間はどれくらい?

2019.02.14

01

手作り婚約指輪は、時間が経過するごとに傷や汚れが発生し、新品の時と比べて劣化してしまいます。新品のような輝きを取り戻すためには、磨き直しを行い、綺麗にすることが大切です。今回は磨き直しを行う際にかかる手間と時間について解説していきます。

磨き直しにかかる時間

手作り婚約指輪に傷が発生した場合、目立たなくするためにも磨き直しを行うことが重要です。長年使用していると、傷や汚れは必ず発生するため、定期的にメンテナンスとして磨き直しを行う方もいます。

磨き直しは、婚約指輪の表面を磨き上げることで、綺麗な仕上がりになるので、手間はかかるものの、光沢を与えるためには磨き直しは重要な要素です。

平均的に磨き直しにかかる時間は、3週間~4週間はかかるでしょう。特に宝石が装飾していることが多い婚約指輪では、内容によっては磨き直しを断られることもあります。

店舗によって対応が異なるので、自分のデザインで磨き直しが可能なのか、事前に確認を取っておきましょう。

磨き直しのメリット

繊磨き直しが完了するまでに、3週間~4週間はかかると言われています。それほど待つメリットが磨き直しにはあるのでしょうか。具体的な磨き直しのメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

1.傷が目立たないようになる

婚約指輪などで使用している貴金属は、基本的に柔らかい素材であることが多く、傷がつきやすいのが特徴です。そのため、時間が経つほどに傷が発生して、光沢がなくなる傾向にあります。

傷を目立たなくするためには、磨き直しを行うことが大切なので、表面の傷や汚れが気になる場合は、依頼をかけてみてください。

大きな傷も磨き直しで改善することができるので、婚約指輪の傷が気になりだしたら磨き直しを依頼していきましょう。

2.新品のような輝きを取り戻す

磨き直しを行うことで、傷だけでなく汚れを除去することもできます。そのため、金属のくすみがなくなり、新品のような輝きを取り戻すことが可能です。

光沢がある方が明るく、綺麗に見せることができるので、大切に扱うのであれば、磨き直しは定期的に行っていきましょう。

まとめ

手作り婚約指輪は、使っているうちに傷や汚れが発生します。磨き直しを行うことで、綺麗な新品当時の状態に戻すことが可能です。

磨き直しにかかる時間は、平均で3週間~4週間かかりますが、完成するまで待つほどの価値はあるといえるでしょう。

いつまでも綺麗な状態の婚約指輪を使うなら、磨き直しを行っていくことをおすすめします。

一覧へ戻る