ブログ記事

手作り婚約指輪のハンマーテクスチャーの特徴について

2019.02.13

e3be752ea60bd6971acb6b6cfc1b6699_m

自分でハンマーを使って凹凸を表現していくハンマーテクスチャーは、手作り婚約指輪の仕上げデザインとして活用することで、どのような特徴が生まれるのでしょうか。今回は、手作り婚約指輪の仕上げにハンマーテクスチャーを使用した場合の特徴について解説していきます。

ハンマーテクスチャーとは?

手作り婚約指輪の仕上げをハンマーテクスチャーで加工する場合、指輪の表面をハンマーで叩きつけることで、特殊な凹凸のあるデザインに仕上げることができます。ハンマーでの叩き方は人それぞれ異なることから、一つとして同じデザインが生まれないのが、ハンマーテクスチャーです。

ハンマーによっても、婚約指輪に出来る凹凸の形が異なるため、自分たちだけのオリジナルの婚約指輪を製作することができます。

またハンマーで叩くことで凹凸が出来るため、乱反射のように、光沢を増すことができるのもハンマーテクスチャーの魅力です。そのため、ちょっとした高級感を演出し、他の手作り婚約指輪とは違う個性を引き出すことができます。

ハンマーテクスチャーの特徴

ハンマーで叩くことで、手作り婚約指輪の形をデザインしていくハンマーテクスチャー。製作者の個性によって形が違ってくるので、加工するのが楽しい仕上げ方法です。具体的には、ハンマーテクスチャーの特徴とは、どんなことがいえるのか、詳しく紹介していきます。

1.一緒に加工すると思い出を共有

二人で手作り婚約指輪を製作する場合、一緒に苦労して婚約指輪を製作することから一生の思い出にすることができます。二人で婚約指輪を作るということは、他にはない思い出であるため、記念にすることができるでしょう。

また二人で一緒に製作する場合は、結婚指輪と違い、婚約指輪は一つであるため、お互いの個性が光るデザインにすることができます。

2.世界に一つだけの婚約指輪

ハンマーテクスチャーは、ハンマーや叩く人が違うだけで、形が全く異なります。そのため、同じ仕上げだったとしても、形状が違うため世界に一つだけの婚約指輪を製作することが可能です。

一度だけの婚約指輪であれば、記念になる指輪にする方がいいでしょう。そのために、ハンマーテクスチャーで加工して、忘れることのない思い出を共有してみてください。

まとめ

手作り婚約指輪を製作する上で、ハンマーで叩く仕上げ方法というのは、珍しい加工方法といえるでしょう。加工の方法は、人それぞれであるため、形状や光沢が違ってくるため、個性が光る婚約指輪にすることができます。

一緒に製作すれば、いい思い出にすることができるので、一度検討してみてください。

一覧へ戻る