ブログ記事

手作り婚約指輪でデザインを決めるときにかかる時間は?

2019.02.14

04

手作り婚約指輪を製造する場合は、デザインを事前に決めることが重要です。その中でデザインを決める際にかかる時間はどれくらいかかるのでしょうか。今回は手作り婚約指輪を製造する上で、かかる時間について紹介していきます。

デザインの打ち合わせから決定までおよそ1~2時間

手作り婚約指輪を製作する前に、来店してからデザインを決めるために、スタッフの方に相談することができます。話を総合的にまとめ、デザインの提案をしてくれるので、理想とするデザインを決めていきましょう。

デザインを事前に考えていなくても、サンプルが用意されているので、見本を見ながらデザインを決めることができます。

大まかにデザインが決まった後は、ワックスの型を見本に作るので、細かい部分のデザインを話し合っていきましょう。

ここまでのデザイン決めで、およそ1~2時間ほどで決めることができます。事前にデザインのイメージがある場合は、1時間もかからない可能性があるでしょう。

中には持ち帰って、よく検討してから来店する方もいるため、人によってデザインを決める時間は異なります。

製作は3時間ほど

デザインを決めた後に時間があれば、そのまま製作を行うことができます。製作についても3時間ほどで完成することができます。

やり方については専門スタッフが付き添いでアドバイスしてくれるので、安心して製作を進めることが可能です。

彫金タイプは切ったり伸ばすことで、婚約指輪を製作し、完成した当日に受け渡しができます。鋳造タイプは、ワックスで型を取り、中に貴金属を流し込むことで婚約指輪を製作するため、完成するためには1ヶ月ほどかかり、完成に時間がかかるのが特徴です。

基本的に相談見積もりは無料

手作り婚約指輪の店舗によりますが、基本的に相談や見積もりは無料で行うことができます。そのため、ノープランであっても気軽に来店し、デザインを決めることが可能です。

まずは相談してみてから、イメージを膨らませ、理想の婚約指輪の製作を行っていきましょう。

まとめ

手作り婚約指輪を製造するためには、デザインを事前に決める必要があります。スタッフに相談や見積もりを行うことは無料で行えるので、デザインが決まっていなくても、気軽に来店して相談可能です。

デザインに決める時間はおよそ1~2時間で決めることができますが、人によってデザインを決める時間は違ってくるでしょう。

じっくり考えて、手作り婚約指輪の製作に臨んでみてください。

一覧へ戻る