ブログ記事

彫金タイプの手作り結婚指輪を作るのにかかる手間と時間はどれくらい?

2019.02.08

02

手作り結婚指輪を製作する場合、気になるのは作る手間と時間がどれくらいかかるのかという点です。今回は、貴金属を加工する彫金タイプの手作りにかかる手間と時間について解説していくので、参考にしてみてください。

彫金タイプの手間

手作り結婚指輪を彫金タイプで製作する場合、具体的に手間はどれくらいかかるのでしょうか。彫金タイプは貴金属を切ったり曲げたりすることで、結婚指輪の形に加工していきます。

またバーナーで溶接することもあるので、比較的重労働になることが予想されるでしょう。初めて手作りで結婚指輪を製作する方は、慣れない作業に混乱してしまうこともありますが、専門のスタッフがアドバイスしながら進めることができるので、安心して手作りすることができます。

切ったり曲げたりと、手間はかかりますが、それだけ愛情を込めることができるので、満足できる手作り結婚指輪を製作することができるでしょう。

彫金タイプにかかる時間

手作り結婚指輪を製作するために、彫金タイプではどれくらいの時間がかかるのでしょうか。製作する結婚指輪の種類や店舗によって、微妙な時間は異なりますが平均的には、3時間から半日で完成することができます。

想像よりも早く製作できるため、参加した方の多くは驚いてしまうことも多いでしょう。ただ3時間以上も手間暇をかけて製作した結婚指輪であれば、一生の思い出にすることができるので、大切にすることができます。

またオプションで刻印などの対応も可能ですが、中には当日に渡すことができないオプション加工もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

手作り結婚指輪はアフターケアが充実していることが大切

彫金タイプの手作り結婚指輪を製作して、思い入れがあるのはいいことですが、微妙なサイズ直しなどが必要になる可能性もあります。そんな時にアフターサービスが充実していないと困るため、彫金タイプで手作り結婚指輪を製作する場合は、アフターサービスが充実している店舗を選択しましょう。

まとめ

彫金タイプの手作り結婚指輪の製作は、手作り感があって楽しみながら手作りすることができます。そのため、手間はかかりますが、平均的に3時間から半日ほどで完成するので、製作した日に受け取ることが可能です。

一緒に製作することで、思い出を共有しながら満足できる結婚指輪が出来るので、一生の宝物とすることができます。

手作りに興味がある方は、彫金タイプで結婚指輪を製作してみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る