ブログ記事

彫金タイプの手作り婚約指輪を作るのにかかる手間と時間はどれくらい?

2019.02.14

02

婚約指輪を手作りで行う場合、製造方法はどのような方法があるのでしょうか、製造方法の一つとしては、彫金タイプがあります。今回は彫金タイプの製作にかかる手間と時間はどれくらいかかるのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

彫金タイプにかかる手間

彫金タイプで婚約指輪を製作する方法は、貴金属を切ったり曲げることで、理想のデザインに加工していくことになります。中にはバーナーで溶接することもあるので、初めての場合は戸惑うこともあるかもしれません。

ただ加工する手間がかかるほど、完成した時の達成感や思い入れがあるので、やる価値はある手間といえるでしょう。

やり方がわからなくても、専門のスタッフが傍で待機し、アドバイスを行ってくれるので、安心して製作することができます。

彫金タイプにかかる時間

貴金属を切ったり曲げたりするため、想像通りのデザインにするためには、時間がかかります。婚約指輪の形状やデザインによって微妙に完成時間は異なりますが、平均3時間から半日で完成することが可能です。

完成した手作り婚約指輪は、当日に渡してもらうことができるので、1日で欲しかったデザインの婚約指輪を受け取ることができるのが、彫金タイプのメリットになります。

オプション加工によっては、当日の受け渡しができずに、後日来店する必要がありますが、基本的に完成までに時間はかかりません。

アフターサービスが充実していることが大切

手作りすることで、思い入れが強くなる婚約指輪ですが、自分で製作したからこそ、不安になる部分もあるでしょう。そんな時のために、サイズ直しやクリーニングといったアフターサービスが充実していることが重要です。

手作り婚約指輪を製作する前に、事前にアフターサービスの有無を確認しておくことが重要なので、何をしてくれるのか、予め把握しておきましょう。

まとめ

彫金タイプで手作り婚約指輪を製作するためには、貴金属を切ったり伸ばす必要があるので、かなりの労力が必要になります。そのため、手間はかかりますが、その分達成感があり、手作り感もあるので、おすすめの製造方法です。

時間については、3時間から半日で完成するので、それほど待つ必要なく、手作り婚約指輪を受け取ることができます。

製作したことを考えて、アフターサービスが充実していることも大切なので、しっかり調査してから、手作りする店舗を決めていくことも重要です。

一覧へ戻る