ブログ記事

婚約指輪購入の際にはサイズ直し関連のサービスを確認しましょう

2018.12.21

gahag-0101103990-1

指にピッタリ嵌まってこその婚約指輪

一生の思い出となる婚約指輪ですが、特別な日に身に着けるなど、プレゼントされた後にも様々なシチュエーションで出番があります。体型の変化で指に嵌まらなくなったり、抜けやすくなったりして、困っている方も居られるかも知れません。そのような場合は、サイズ直しを行うようにしましょう。やはり、指輪は指にピッタリ嵌まってこそ映えます。

サイズ直しの依頼先

指輪のサイズを直そうする場合の依頼先は、購入したお店が基本です。但しブランドによっては「修理の難易度が高すぎる」「ブランドのオリジナル性を損なってしまう」などの理由で、断られるケースもあります。購入ブランドでサイズ調整を拒否された場合、頼りになるのが修理専門店です。かなり難しい修理でも引き受けてくれます。

お勧めサービスは「永久保証」

婚約指輪を購入する際には、サイズ直しに関するアフターサービスについてもキチンと確かめておくようにしましょう。「期限付き保証」や、何度でも修理可能な「生涯保証」を付けてくれるブランドも少なくありません。オプション料金を支払うことで、保証期限を延ばせるシステムを採用しているブランドもあります。女性は妊娠や出産など体型が変化する機会が男性より多いので、可能なら「永久保証」にしたほうが安心です。

サイズ直しに掛かる費用の相場

指輪のサイズ直しに掛かる費用はショップによって異なりますが、加工の難易度が高くなるほど料金も高くなります。一般的には「リングの一部分切り離し」などのサイズダウンで2000~4000円程度、「リングの素材付け足し」などのサイズアップは素材の相場によって別途見積もりになるケースが多いです。指輪に刻印・メッセージ・模様などがある場合には、サイズの調整が難しくなり、それだけ料金も上がります。

宝石が付いている指輪のサイズ直し

多くの婚約指輪は、宝石が付いているデザインを採用しています。指輪のサイズを直す際には、宝石の種類・留めてある箇所・付き方などが重要視されます。サイズ調整を施す前に、加工の影響を受けないように宝石をなるべく外すようにする業者も少なくありません。エターナルのように宝石がリング全周に付いている婚約指輪は加工や修理が難しいので、購入前にサイズ直しに関して質問しておくと良いでしょう。

ハムリでは、一年間サイズ直し無料、0.1号(0.1mm)単位でのサイズ調整が可能です。プロポーズ後にお二人でご来店いたでければ、指にぴったりのサイズにお直しできますので、つけごごちの抜群な婚約指輪に仕上がります。また、その際にプロポーズの日にちやメッセージの刻印も無料で追加できます。
一覧へ戻る