ブログ記事

婚約指輪(手作り)のサイズ直しに要する時間はデザインにより異なります

2018.12.18

3

婚約指輪のサイズ直し

女性は妊娠や出産などを体験するため、男性より体型が変わりやすいです。そのため婚約指輪のサイズが指に合わなくなってしまうケースがあります。大切なエンゲージリングが指に嵌められなくなったり抜けやすくなったりして、しまいっぱなしの状態になってしまったら残念です。そのような場合は、サイズ直しを依頼するようにしましょう。

アフターサービスにおける指輪直し

手作りしたエンゲージリングのサイズ直しは、指輪を拵えた工房に頼むようにしましょう。有料のケースもありますが、アフターサービスの設定によっては無料や割引料金で引き受けてくれる場合もあります。指輪のメンテナンスやサイズの調整といったアフターサービスに関しては、婚約指輪を手作りした時点で確認しておくようにしてください。時間が経てば、指輪の磨き直しやサイズ直しは、必ずしなければならなくなるからです。

繁忙期は避けたほうが無難

指輪のサイズを直すのに要する時間は、通常は数週間です。だいたい3~6週間といったところでしょう。但し年末年始のような忙しい時期は、更に時間が掛かる可能性もあります。早め早めに頼むようにすることが大切です。

サイズ直しが難しい素材

婚約指輪の素材として良く使用されるプラチナやゴールドは、加工が容易でサイズも直しやすいです。但しプラチナよりも硬いピンクゴールドや、ロウ付けが難しいプラチナとゴールドのコンビは、サイズの調整が困難なことで知られています。またジルコニウム・イリジウム・チタンといった耐久性の高い新素材も、リングの切り離しが難しく、サイズを直しにくいです。

サイズ直しが難しい婚約指輪のデザイン

婚約指輪は結婚指輪よりも、一般的に言ってデザインが複雑です。そのためデザインによってはサイズ直しに時間が掛かったり困難になるケースがあります。フルエタニティやパヴェが、そうです。エンゲージリングを手作りする際に将来のサイズ調整を考えてフルエタニティでは無く、ハーフエタニティにする方も居られます。また指輪の手作りで刻印や文字を内側に入れる場合は、切り離し可能な箇所を空けておくと良いでしょう。

一覧へ戻る