ブログ記事

婚約指輪作りのために、指のサイズはいつ・どのように測るのがベストなのか

2019.02.12

a35bf2d2164ac67572563189d58546a3_m

婚約指輪を作るためには、指のサイズを測る必要があります。
特に、女性に内緒で、サプライズで婚約指輪を作るのであれば、こっそり指のサイズを測ることが重要です。
今回は、婚約指輪作りのために、指のサイズを測る方法について詳しく解説していきます。

婚約指輪作りのための指のサイズの測り方

婚約指輪を作る上で欠かせない指のサイズは、測り方を意識しないと、女性に勘付かれてしまう可能性があります。
どのように指のサイズを測ればいいのか、方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.さりげなく指輪のサイズを聞く

女性がファッションで指輪をしていたり、ショッピングで指輪を見つけた時に、さりげなく左手薬指のサイズを聞いておくことをおすすめします。
自然な形で会話の中でサイズを確認しておけば、サプライズに勘付かれる心配もないでしょう。

2.彼女の指輪を持っていく

最も簡単な方法として、彼女が使用している指輪を持参していれば、簡単に左手薬指のサイズを把握することができます。
持っていく指輪は、現在も使用している指輪でなければ、正しいサイズがわからなくなってしまうので、現在進行中で着用している指輪を持っていきましょう。

指のサイズを測る上での注意点

女性の左手薬指のサイズを測るためには、いくつか注意しておかないといけない点があります。どのような点に注意しないといけないのか、紹介していくので、参考にしてみてください。

1.一番太い部分を測る

婚約指輪をはめるのであれば、サイズを左手薬指の一番太い部分を測る必要があります。指の中でも太い部分が第2関節であるため、婚約指輪を問題なくはめるためには、関節部分を測ることを忘れないでおきましょう。

2.指はむくみやすい

人間の体は、時間帯によってむくみやすい性質を持っているため、起床後や水分を多く摂った時には通常のサイズと異なる可能性があります。
指は意外とむくみやすく、指のサイズを狂わせる可能性があるので、正しいサイズを見誤らないように注意しましょう。

まとめ

婚約指輪を作るためには、左手薬指のサイズを把握しておくことは重要です。今回紹介した指のサイズの測り方を参考に、女性に悟られないようにサイズをチェックしておきましょう。
サイズを測る上では、一番太い部分を測る、むくみには注意という点を考慮して、間違いのないようにサイズを把握しておいてください。

婚約指輪のサイズを間違えてしまうと、後から取り返しのつかないことになってしまう恐れがあるので、慎重にサイズを測るようにしていきましょう。

一覧へ戻る