ブログ記事

婚約指輪を手作り後にデザインや素材の変更は出来るのか

2018.12.21

90e3aa241da298d778f83d19ae0aea3a_s

婚約指輪を手作りした際に、後から婚約指輪のデザインや使用素材を変えたいと考えることもあるかもしれません。
この記事では、後から変更したい!とならないための方法と完成後にデザインを変えたいとなった場合に、作り直せるのかをご紹介していきます。

後から婚約指輪の素材とデザイン変更とならないために

指輪を作るのであれば、心から納得できる婚約指輪を作りたいと考えるのが当たり前だと思います。
後から急にデザインを変更したい!とならないために、婚約指輪を手作りする際には、心から納得できるように自分たちの希望や彼女の好みに合ったデザインをしっかりと固めることが重要です。
次から、そのための考え方に触れていきます。

打ち合わせは入念に行いましょう

婚約指輪をいざ作ろう!としても、どのような素材があり、どんなデザインを作れるのか、など分からないことは多いと思います。
そのため、自分でどんな風に作るのかを構想しても、心から納得できるデザインにたどり着かないこともあります。
どんな風にしたいのか、という自分たちの要望と同時に、どんな素材が使えて、どんな指輪が作られてきたのかを店舗スタッフの方に、見せてもらうのが良いでしょう。
色々な素材とサンプルなどを見ておくことで、ハッキリとしたイメージを持って、どんな指輪にしたいのかを決めることに繋がります。この時のイメージにしっかりと満足することができれば、
後から素材を変えたい、といった事態になる可能性は小さいものとなります。

指輪の原型を作る段階なら何度でも作り直しできる

婚約指輪を作る作業は試行錯誤の連続になります。自分の納得できる形になるように、ワックス作りをすることになります。
その際は、自分の納得のいくまで調整することが出来ますので、しっかりと理想のイメージになるように、指輪の原型づくりを進めましょう。
この段階で、明確な理想の指輪イメージを形づくれれば、満足度が高く、後からデザインを変えたいということも少なくなるでしょう。

手作り指輪完成後について

hamriでは完成後に、指輪のサイズ変更や刻印追加、宝石追加に対応をしております。
もし手作り指輪の完成後に、根本的に指輪の作り直しをしたいということであれば、工房スタッフにまずはご相談下さい。
ご要望に答えられるように、親身になってお客様のご相談に対応を致します。

一覧へ戻る