ブログ記事

婚約指輪を手作りするなら素材の選び方で宝石との相性を重視しましょう

2018.12.18

43d9fd5a7ec122512bc87f8ff9dce2be_s

婚約指輪の手作り素材選びで重要な「宝石との相性」

婚約指輪を手作りする際に、リング素材の選び方の基準はどこに置くべきなのでしょうか?結婚指輪における材料の選び方と同じように「価格」「貴重さ」「美しさ」「デザイン」「個人的な好み」「耐久性」「アレルギー反応」なども重視すべきですが、それに加えて大切となるのが「宝石との相性」です。宝石とリングの色合いがミスマッチにならないように、素材の選び方には細心の注意を払いましょう。

ダイヤモンドと良く調和するプラチナ素材

婚約指輪の手作り材料として、大変人気があるのがプラチナです。白銀色のプラチナは、どのような宝石とも輝きが調和します。特にダイヤモンドとプラチナのリングを組み合わせたエンゲージリングの美しさは際立っています。またプラチナは細工がしやすいため、ダイヤをリングにシッカリと固定できることも大きなメリットです。

カラーの選択を慎重にすべきゴールド素材

婚約指輪のリングの材料にゴールドを使用する場合は、カラーについて良く考えなくてはなりません。ピンク・イエロー・ホワイトなどがありますが、出来るだけ宝石と良く合うカラーゴールドを選びましょう。

プラチナやゴールド以外の婚約指輪の素材

エンゲージリングの素材を選ぶ際に、費用を重要視するならシルバーやステンレス、耐久性を重要視するならパラジウムやチタン、アレルギー反応に注意を払うならジルコニウムなども選択肢に上がりますが、シルバーを除いてまだまだ取り扱っている手作り工房は少ないのが現状です。

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけ

エンゲージリングの材料を決める折には、マリッジリングと重ねづけした場合に綺麗に調和するかどうかも気に留めておきましょう。

婚約指輪で重視すべき宝石とリング素材の兼ね合い

婚約指輪に用いられる宝石と言えばダイヤモンドですが、ダイヤは必ずしも無色透明とは限りません。ブルー・ピンク・イエロー・グリーン・パープルといった色合いを持つファンシーカラーダイヤモンドも存在します。またサファイアやルビーもエンゲージリングの宝石として人気がありますし、近年では誕生石をエンゲージリングの宝石に使用される方も増えています。手作りリング素材の選び方において、宝石との兼ね合いは大変重要なポイントなのです。

一覧へ戻る