ブログ記事

婚約指輪を手作りするなら各デザインの特徴と違いを知っておきましょう

2018.12.17

4b50f57e08ff2488265637008f52f8f3_s

婚約指輪の手作りで人気のデザインを知っておくことは大切

婚約指輪の人気デザインには主に「ソリティア」「メレ」「パヴェ」「エタニティ」の4つがありますが、それぞれの意匠の特徴と違いを知っておくと、エンゲージリングを手作りする際に便利です。婚約指輪を手作りする場合、採用する宝石やデザインのタイプによって、料金にかなりの違いが出ます。限られた予算から、最高のエンゲージリングを手作りして、彼女にプレゼントしましょう。

ソリティアの特徴

ソリティアには、爪ありタイプと爪なしタイプがあります。爪ありタイプは、上や横から光が入り込んでダイヤが美しく輝くのが魅力です。6本爪と4本爪があり、違いとしては、6本爪は宝石がシッカリ固定され、4本爪は光を外部から多く受けるという特徴が挙げられます。爪なしタイプは、宝石が埋め込まれているため外れにくく、上品で控えめな印象です。ソリティアはシンプルな意匠ですので、他の指輪との重ねづけに向いています。

メレの特徴

メレは、メレダイヤのあしらい方次第によって、様々な仕様が楽しめます。メレの数が少なければエレガントに、メレの数が多ければゴージャスな雰囲気になります。個性を出しやすい意匠と言えるでしょう。

パヴェの特徴

パヴェの指輪は、とにかく華やかです。強烈な印象を指先に与えます。存在感は抜群ですが、サイズ直しが難しいため、その点は注意が必要です。

エタニティの特徴

エタニティは宝石がリングの周りに並んでいるデザインですが、意外に印象は控えめで、悪目立ちすることはありません。地味すぎず派手すぎないので、婚約指輪を日常生活でも身に着けたい女性にお勧めです。

婚約指輪のデザインにお勧めの誕生石

婚約指輪を手作りする方が、他のリングとの違いを出そうと考えるなら、センターストーンやサイドストーンにダイヤモンド以外の宝石を使っても良いかも知れません。彼女の誕生石などが、お勧めです。パワーストーンですので、費用を抑えられる上に、想いを込めることも出来ます。デザインのオリジナル性も高くなるでしょう。メレダイヤと組み合わせれば、お洒落度は更にアップします。

一覧へ戻る