ブログ記事

婚約指輪の20代カップルにおける相場と手作りを勧める理由

2018.12.21

5

個人的好みを重視する20代

婚約指輪に掛かった費用について、ゼクシィ結婚トレンド調査2017年(首都圏)によると37.9万円となっています。但し20代のカップルに限定すると20~30万円台の相場になります。若い男女は収入の低さもありますが、デザインに関してブランドよりも個人的な好みを重視する傾向にあるようです。手作りのエンゲージリングも人気です。

妻の年齢が20代前半のカップルの婚約指輪の相場

ゼクシィ結婚トレンド調査2017年(首都圏)よりメインの相場の割合を紹介すると、10万円未満が5.6%、10~19万円台が22.2%、20~29万円台が22.2%、30~39万円台が16.7%、40~49万円台が11.1%になります。

妻の年齢が20代後半のカップルの婚約指輪の相場

ゼクシィ結婚トレンド調査2017年(首都圏)よりメインの相場の割合を紹介すると、10万円未満が3.3%、10~19万円台が13.6%、20~29万円台が17.3%、30~39万円台が31.3%、40~49万円台が13.6%になります。20代後半は前半と比べて収入が上がった分だけ、より高価な婚約指輪を用意できるようです。

20代のカップルが選ぶ婚約指輪のブランド

20代のカップルに人気のジュエリーブランドには「エクセルコダイヤモンド」「銀座ダイヤモンドシライシ」「アイプリモ」「ケイウノ」「ラザールダイヤモンド」などがあります。若いカップルにも手が届く価格帯で、可愛らしいデザインのジュエリーを提供しています。

手作り婚約指輪は20代カップルにお勧め

婚約指輪を安く入手したいと考えているカップルには、「手作りのエンゲージリング」がお勧めです。価格は工房によって異なりますが、リングの素材やジュエリーが同レベルの既製品と比べて、10万円程度は安くなります。工房によっては数万円の相場で、ダイヤモンド付きのエンゲージリングを作ることも可能です。

20代カップルにとっての手作り婚約指輪の魅力

「手作りの婚約指輪」にはブランドの付加価値は付きませんが、その代わりに世界でただ1つだけのオリジナルデザインの指輪をパートナーにプレゼントすることが出来ます。宝石を親より譲り受け、台座のみを手作りで新調する方法もあります。20代の方は、是非検討してみてください。

一覧へ戻る