ブログ記事

婚約指輪の素材をシルバーにすると抑えた相場で手作りできます

2018.11.07

e0d1f76f1ba9bf4bf67c9b3c14df6c41_m

婚約指輪の素材としての銀の魅力とは?

婚約指輪を抑えた値段で手作りしたい方にピッタリの素材が、シルバーです。プラチナやゴールドの10分の1程度の相場で入手することが出来ます。
相場の安さだけで無く、輝きの強さも銀の魅力です。磨き方次第では、ゴールドやプラチナよりも鮮烈な輝きを放ちます。パーティーなどで指輪の存在感を示したい方に、銀の手作り指輪はお勧めです。

相場は1万円台から

シルバーを指輪の素材にすれば、その分の費用を宝石に回すことが出来ます。
銀を活用して、ダイヤモンドやルビー、サファイアなどを取り付けた婚約指輪を、安い相場でハンドメイドしてみましょう。工房にもよりますが、銀製の指輪なら1万円台の相場から作れます。但し銀を指輪の手作り素材として準備している工房は限られていますので、ネットなどで良く探してみてください。

プロポース時限定の指輪として

シルバーリングは安く作れるため、プロポーズ時における限定の専用指輪として活用する方も居られます。プロポーズに成功したら、改めて本格的な婚約指輪を用意するという段取りです。宝石も、つけ直しするので何の問題ありません。

指輪の素材として量をふんだんに使用できるシルバー

手作り婚約指輪の素材に銀を使うなら、ユニークなデザインに挑戦してみましょう。
価格を気にせず、思う存分に多くの量を指輪の材料として活用できることが、銀のメリットなのです。高価な金属であるプラチナやゴールドでは、そうはいきません。
結婚指輪と重ね付けしたり、他の銀製のアクセサリーとお揃いにしたりなど、ファッションとしての楽しみ方は様々です。
金属アレルギーになりにくいのも、銀のメリットになります。

シルバーの黒ずみへの対処

銀製の指輪に関して多くの方が心配するのは、変色でしょう。
放置していると、次第に黒ずんでしまいます。けれどこまめに手入れすれば、輝きを維持することは可能です。シルバーリング用のクリーナーも販売されています。
変色を防ぐためにロジウムという金属でメッキしたり、黒ずみを前提に指輪のデザインを工夫するという手法もあります。

一覧へ戻る