ブログ記事

婚約指輪でパヴェタイプを手作りするならデザインに力を入れましょう

2018.11.06

a47b308ac74ed7fd4d863d8f452da247_s

メレダイヤが敷き詰められているパヴェ

パヴェは、「石畳」を意味するフランス語です。
メレダイヤがリングにぎっしりと敷き詰められ、石畳のように見えることから命名されました。メレダイヤの数が増えれば増えるほど印象はゴージャスになります。その華やかさから、婚約指輪でも人気がある意匠の1つです。

彼女の好みをリサーチすること

パヴェデザインの婚約指輪は、ソリティアを始めとする他の意匠のエンゲージリングとはかなり雰囲気が違います。これは実際に指輪(写真でも構いません)を見比べてみれば一目瞭然です。ボリュームがあり、少しポッテリとした感じです。もし愛する女性に手作りの婚約指輪を贈りたいと考えている男性が居られたら、指輪に関する彼女の好みをキチンとリサーチしてください。「石畳」意匠の指輪は、とても華やかな外観であり、手元で強烈な存在感を放ちます。その豪華さを好む女性も居れば、気後れしてしまう女性も居られます。エンゲージリングは、彼女が気に入ってくれる品でなければ、意味がありません。

人気が高まりつつあるパヴェ

パヴェリングは、ヨーロッパで昔から人気のデザインです。
日本では、近年注目度が高まっています。指輪としての存在感が抜群なので、関節や指の太さにコンプレックスを持つ女性に、お勧めです。手作り指輪で、メレダイヤのふんだん使用に挑戦する方も増えてきました。ただメレダイヤの取り付けはプロにお任せなので、手作りにおける楽しみに関しては、デザインのほうに偏りがちです。

アームの選択も重要なパヴェ

婚約指輪でパヴェタイプを手作りしようとする場合、リングの素材や形状の選択が大切です。メレダイヤを可能な限り敷き詰める意匠もあれば、メレダイヤの数は少なくして、宝石以外のむしろアームを主役にするデザインもあるからです。センターストーンが付いているケースもあります。

パヴェデザインの注意点

「石畳」は基本的に装飾が過多な意匠なので、「衝撃に弱い」「サイズ直しが難しい」といったデメリットがあります。

一覧へ戻る