ブログ記事

婚約指輪の代表格であるソリティアは手作りデザインでもお勧めです

2018.11.06

67556c84361174e4ed11272e10bef9fd_s

婚約指輪の代名詞であるソリティア

ソリティア(ソリテール)リングは、「婚約指輪の代名詞」とも呼ばれる人気のデザインです。
リングの中央にダイヤを1粒だけ施した仕様になっています。
「ソリテール」とはフランス語で「単独」を意味します。シンプルでありながらダイヤの魅力を引き立たせる意匠が、世の女性たちに好まれている秘訣と言えるでしょう。エンゲージリングを手作りする際にダイヤをあしらいたいという方が、最も良く採用する意匠が、このソリテールです。女性たちからはもちろんのこと、愛する彼女に指輪をプレゼントしたいと考えている男性たちからも、熱い支持を集めています。

石座の高さについて

ソリティアの婚約指輪を手作りする場合、工夫すべきポイントが幾つかあります。
その1つが石座の高さです。主流は立て爪タイプですが、ダイヤモンドをセッティングする高さは、好みで調整できます。センターストーンを高く持ち上げるタイプは、ダイヤの輝きが際立ち、他の指輪との重ね着けもしやすいという利点があります。一方で石座が低いタイプは、ぶつけたり、引っ掛けたりなどのリスクを減らすことが出来るため、普段生活で使う際に便利です。近年では、やや高さを抑えたタイプが主流になってきています。

「爪なし」タイプのソリティア

ソリティアには、ダイヤモンドをリング部分に埋め込んでいる「爪なし」タイプもあります。
雰囲気がカジュアルなため特別な日で無くても使いやすいのが、特徴です。
婚約指輪と結婚指輪を同一の品にする場合に、好まれるデザインです。指輪をソリテールタイプでデザインするなら、事前に「爪なし」タイプの加工も可能かどうか、工房に確認しておきましょう。

重要なリングのライン

ソリティアでは、リングのラインも重要です。ストレートが基本ですが、オリジナル性を追求したい方にはウェーブやU字型、幅広などもお勧めです。

様々な技法が可能な手作り指輪

婚約指輪を手作りする場合、宝石と素材の選択で、価格の調整を行うケースが多いです。質の良いダイヤをセンターストーンにするために、素材をプラチナでは無く、もっと値段の低い他の素材にしたりするのです。手作り指輪の魅力は、デザインの自由度の高さにあります。リングの素材であるプラチナの純度を下げる代わりにダイヤのグレードを上げたり、リングをイエローゴールドやピンクゴールドにしつつ宝石をカラーストーンにして色合いのバランスを楽しんだりなど、様々な手法が可能です。

一覧へ戻る