ブログ記事

婚約指輪の手作りの素材選びで注意するべきこと

2019.02.19

927a87f617094df2236785f7b98cb0c6_m

婚約指輪を手作りで製作する場合、素材は慎重に選ぶことが重要です。素材によって、婚約指輪の印象は大きく変わるので、どんな特徴を持たせるのか、しっかり意識していきましょう。婚約指輪を手作りする時に、素材選びで注意するポイントについて紹介していきます。

手作り婚約指輪の素材選びでの注意点

手作り婚約指輪の素材を選ぶ時、どのようなことに注意するべきなのでしょうか。素材選びの注意点を解説していくので、参考にしてみてください。

1.価格

手作り婚約指輪を製作する時に、素材によって金額は異なることから、予算に合わせて素材を選択することが大切です。特にプラチナは、ゴールド系と比べると高額になるため、婚約指輪の素材として選ぶ場合は、一度予算と相談することが大切になります。

他にも価格が変わるのは、デザインや宝石の種類にも関係してくるので、全体的な予算を検討してから素材を選びましょう。

2.女性の好みに合うのか

手作り婚約指輪の素材を選ぶ場合、色合いや性質など、女性の好みに合うのか、見極めることが重要です。イエローゴールドやピンクゴールドであれば、色に特徴があるので、好みが左右されます。

ピンクゴールドであれば、女性受けがいいですが、絶対に間違いないとも言い切れません。まずは女性の好みをリサーチしてから、手作り婚約指輪の素材を選んでいきましょう。

3.デザインの有無

素材の種類によって、選択できるデザインなどが異なります。そのため、可能なデザインを意識した上で、素材を選ぶことも大切です。

可愛らしく優しい色合いのピンクゴールドと、高級感のあるプラチナとでは、おすすめできるデザインも異なります。

どのようなデザインで、手作りしていくのか、しっかり意識してから素材を選ぶようにしましょう。

4.含有率

手作り婚約指輪の素材を決める上で、含有率についても把握しておくことが大切です。ゴールド系にしても、金の含有率はどれほどなのか理解しておかないと、耐久性などが全く異なるので、扱いも変わってきます。

また含有率によって、価格も変わる傾向にあるので、予算とも相談することにも繋がるでしょう。手作りで婚約指輪を製作する場合は、特に含有率は意識した方がいいので、よく検討してみてください。

まとめ

手作りで婚約指輪を製作する場合、素材を何にするのか、悩んでしまう方も多いでしょう。そんな時は、選ぶ上での注意点を把握した上で、慎重に選ぶことが大切です。

特に相手の好みやデザイン性の有無を確認しておかないと、後悔する結果になる可能性もあるので、注意が必要になります。

今回紹介した素材選びの注意点を参考に、素材選びをしてみてください。

一覧へ戻る