ブログ記事

婚約指輪の手作りではデザイン見積もりにかなりの作業時間を費やします

2018.11.07

2

鋳造製法に関する作業時間

婚約指輪の手作りに関して、鋳造製法の流れで説明します。指輪の手作りには彫金(鍛造)製法と鋳造製法がありますが、宝石などのオプションが豊富なエンゲージリングは、デザインの自由度が高い鋳造製法で手作りされるケースが多いです。依頼者の作業時間は、彫金製法も鋳造製法も、工房訪問当日の2~3時間程度ですが、指輪の受取日については、鋳造製法はかなり後日(数週間~数ヶ月程度)になります。

重要なデザイン打ち合わせ

指輪を手作りする際は、まず最初に工房スタッフとデザインの打ち合わせを行います。婚約指輪のデザインでは、センターストーン(ダイヤモンド)や石座(ダイヤをセッティングする台座)の選定が重要になります。もちろん宝石無しのエンゲージリングをデザインしても構いませんが、婚約指輪の基本的デザインは中央にダイヤをあしらったタイプであることを忘れてはいけません。刻印などのオプション加工を追加する場合は、このデザイン打ち合わせの段階で申し込むようにしましょう。エンゲージリングのデザインには時間を掛ける方が多く、作業時間の半分ほどの刻をここで費やすケースも珍しくありません。作業時間が3時間ほどでしたら、デザイン打ち合わせに1時間30分程の時間を掛ける訳です。

見積金額の提示

デザイン画が仕上がったら、そこで見積金額が提示されますので、納得したら、次の作業に入ります。

原型の制作

鋳造製法では、ロウ剤のワックスを使用して、指輪の原型を制作します。何度失敗してもやり直しが可能なので、安心してワックスを切ったり削ったりの業務に集中できます。作業時間は、先のデザイン打ち合わせと同程度かやや多いぐらいです。2時間といったところでしょうか。総計3~4時間で作業は終了です。

婚約指輪の完成

その後工房スタッフが鋳型の制作や金属の加工、オプション加工、磨き上げを行い、婚約指輪を完成させます。原型制作から1~2ヶ月で美しく仕上がった指輪を受け取ることが出来るのです。工房によっては、指輪の最終磨き上げをお客にしてもらうところもあります。

一覧へ戻る