ブログ記事

婚約指輪のリフォームにはコスト抑制以外にも様々な利点があります

2018.12.21

gahag-0029004930-1

リフォームで指輪の魅力を再発見

「婚約指輪のリフォーム」には、主に2つのパターンがあります。1つは「古くなってしまった指輪を作り直してエンゲージリングとして彼女にプレゼントする」方法、もう1つは「過去に自分に贈られたエンゲージリングを生まれかわらせて新たに身に着ける」方法です。どちらも単なるサイズ直しや修理とは異なり、指輪の魅力を再発見することが出来ます。

家族から受け継いだ指輪

母親や祖母より受け継いだ指輪をリフォームすれば、素敵な婚約指輪になります。大切な品を家族から譲り受け、更に後世に伝えていくのです。とてもロマンチックで、新品の指輪を購入するのとは、また違った感動があります。ネックレスなどに使用されてきたジュエリーを指輪仕様にする方法も、お勧めです。メリットとしては「世界に1つだけのオリジナルエンゲージリングが作れる」「お値段を手頃な価格に抑えられる」ことなどが挙げられます。

婚約指輪をリフォームする際のリスク

エンゲージリングのリメイクでは、気を付けなくてはならない点もあります。それは「期待通りのデザインに仕上がらない可能性がある」ことです。万が一不満があるデザインの指輪になってしまったとしても、更に作り直すことなど出来ません。リスクを避けるために、信頼のおけるお店を見付け、入念に打ち合わせをするようにしましょう。

ジュエリー中心のリフォーム

古くなってしまったデザインの婚約指輪をリフォームするとして、ジュエリーを中心に考えてみます。基本的に2パターンが、挙げられます。既製品の枠にメインの宝石を入れかえる「セミオーダー」と、指輪のデザインを1から作る「フルオーダー」です。

幅広いリフォームのデザイン

「婚約指輪をリフォームするとしても、デザインには限りがあるのでは?」と思われるかも知れませんが、熟練した職人がリメイク作業を行いますので、実際はかなり幅広い作り直しが可能です。今風のデザインにしたり、ゴージャスな装飾模様にしたり、使いやすさを重視した仕様にしたりなど、個人的要望を最大限に叶えてくれることでしょう。リメイクで不要になったパーツを買い取ってくれるお店もあります。

ハムリでは、家族から譲り受けたジュエリーの持ち込みでの製作も承っております。方法としては、フルオーダーまたは手作りです。お気軽にご相談ください。
一覧へ戻る