ブログ記事

ホワイトゴールドで婚約指輪を手作りする場合の費用相場について

2019.02.14

b01e84a00f094e441080ce544736137d_m

女性の贈る婚約指輪は、記念に残るためにも手作りで製作する方が年々増えています。その中でも、プラチナのような輝きを持つホワイトゴールドで婚約指輪を手作りした場合、費用相場はいくらなのでしょうか。ホワイトゴールドの特徴と魅力についても紹介していきます。

ホワイトゴールドで婚約指輪を手作りする時の費用相場

プラチナのように白い輝きを放つことが魅力のホワイトゴールドですが、手作り婚約指輪で製作した場合、費用相場はいくらになるのでしょうか。

通常の婚約指輪であれば、宝石が高額になることが多く、30万円前後が婚約指輪の費用相場になります。

しかし、手作り婚約指輪であれば、自分で製作することからコストを抑えて、婚約指輪を購入することができるだけでなく、世界に1つだけのデザインで婚約指輪を贈ることが可能です。

ホワイトゴールドで婚約指輪を手作りする時の費用相場は、20万円前後になります。通常の婚約指輪よりも安価で購入することができるので、一つの手段として検討してみてください。

またゴールド系の素材は、耐久性や希少性に優れているため、長期的に使用することを考えるとおすすめです。コスパがいいので、ぜひとも婚約指輪の素材として、検討してみてください。

ホワイトゴールドの特徴と魅力

欧米では白い貴金属といえば、プラチナよりも有名なのがホワイトゴールドです。変色や変質に強い性質を持っているため、長期的に使用し続けることができるのが、ホワイトゴールドの魅力になります。

ただホワイトゴールドは、ロジウムという金属でメッキ加工が施されていることが多いため、長期的に使用しているとメッキ加工が剥がれてしまい、地金が見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

基本的に、ホワイトゴールドだけでなく、他の素材でもいえることですが、長年愛用した婚約指輪は、定期的にメンテナンスを行わないと、輝きを失ってしまうことがあります。

そのため、一定期間を過ぎたら磨き直しなどを店舗で行ってもらい、新品同様の輝きを取り戻すようにしましょう。

綺麗にメンテナンスを行えば、綺麗な状態を維持することができるので、定期的に行ってください。

まとめ

ホワイトゴールドは、プラチナのような輝きを放つだけでなく、比較的安価で購入することができます。手作り婚約指輪であれば、費用相場は20万円前後で購入することができるので、費用を抑えることが可能です。

また白い輝きは、手元を綺麗に見せることができるため、大人な印象を与えることができます。手作り婚約指輪を製作する時は、一度ホワイトゴールドを検討してみてください。

一覧へ戻る