ブログ記事

ピンクゴールドで結婚指輪を手作りする場合の費用相場について

2019.02.12

cc69d7a902fa4ced247aeb44128846e5_s

結婚指輪を手作りする場合、素材を何にしようか悩んでしまう方も多いでしょう。その中でも気になるのが費用相場です。今回は、女性におすすめのピンクゴールドで結婚指輪を手作りした場合の費用相場について解説していきます。

ピンクゴールドで結婚指輪を手作りする時の費用相場

一般的に結婚指輪は、婚約指輪よりも費用相場は安い傾向にありますが、それでも20万円以上の金額で購入する方がほとんどです。その中で、ピンクゴールドを素材にして、結婚指輪を手作りする場合、費用相場はいくらになるのでしょうか。

ピンクゴールドで結婚指輪を手作りした場合の費用相場は、1本当たり7万円前後となります。重さやオプションによって金額は変動しますが、平均的な金額として参考にしてみてください。

ゴールド系の結婚指輪は希少価値が高いだけでなく、耐久性にも優れている傾向にあるため、長期的に使用することが考慮されている結婚指輪の素材としてはおすすめです。

長年使用する上で、1本当たりの費用が7万円前後であれば、コスパがいいといえます。手作りで結婚指輪を作成する際は、ピンクゴールドを検討してみてください。

ピンクゴールドの特徴と魅力

暖色系の色合いで女性らしい印象を与えることができるピンクゴールドは、優しい輝きを放つのが特徴です。派手過ぎない発色がシックな雰囲気を演出して、近年人気が高まりつつあります。

ピンクゴールドは、他のゴールド系の素材と違って銅の比率が高い傾向にあるため、強度が高く、耐久性があるのが魅力の一つです。

ただ硬度があることから、サイズ調整が難しい特徴もあるので、指輪のサイズは事前に把握して、厳密に調整することが重要になります。

またゴールド系の中では変色が引き起こされやすい素材でもあるので、普段の保管の仕方や扱いには十分注意が必要です。一般的な素材よりも、変色はしにくいので気にし過ぎることはありませんが、変色の可能性を感じた時は意識して扱いを変えていきましょう。

まとめ

暖色系で女性らしい印象を与えてくれるピンクゴールドは、シックな雰囲気を与えてくれるので、多くの女性から支持されています。

そのため、手作りで結婚指輪を製作する場合は、女性のことを意識して、ピンクゴールドにするのも一つの手です。

ただ硬度が高いことや変色の可能性もあるので、扱いや保管の仕方など、普段の管理の仕方には注意する必要があります。

強すぎないながらもおしゃれな発色が人気のピンクゴールドは、費用相場も1本当たり7万円前後となっているので、ぜひ一度検討してみてください。

一覧へ戻る