ブログ

どうして結婚や婚約の愛の証明が指輪なの?

2017.04.18

現代では多くのカップルで、プロポーズをするときには婚約指輪が用いられ、結婚の証には結婚指輪が用いられます。
「どうして指輪なんだろう」
「アクセサリーならブレスレットでもネックレスでもいいんじゃないの?」
と思ったことはありませんか。
実は婚約の際、結婚の際に指輪が用いられるのにはちゃんと意味があるんです。

 

・「円」は終わりのない愛を象徴するもの

1つの円をずっとなぞると終わりが無いのでいつまでもなぞり続けることができますよね。
指輪は「円は終わりのないもの」だから、「これからの未来を歩んでいく2人がずっと変わらない想いを持ち続けるように」という願いに掛け合わされ愛の証として用いられるのです。
また、輪の形は四季や満ち欠けする月など、繰り返す自然を表すともいわれています。

 

ブレスレットやネックレスだと付けたり外したりするときに円が途切れてしまいます。

それに引き換え指輪だと、円が途切れることが無いので永遠の愛を象徴するのにピッタリのものなのです。

 

いかがでしたでしょうか。

指輪の円は永遠の愛を証明するものです。指輪の意味を知っておくと婚約指輪や結婚指輪への憧れも強くなるのではないではしょうか。