ブログ

どこから広まったの?結婚指輪の歴史とは

2017.04.16

結婚した男女は、結婚の証としてペアリングを身に付ける慣習があります。
「どうして結婚の証が結婚指輪なんだろう」って疑問に感じたことはありませんか。
結婚の証として指輪が用いられるようになったのは、その歴史を見ていけばわかります。

 

時代はさかのぼること9世紀ローマ時代。

ローマ教皇ニコラウス1世によって行われた結婚式で、花婿の金の指輪と、花嫁の鉄の指輪が交換されました。
このときからお互いに指輪を交換することが習慣として広まっていったとされます。

 

古代エジプトでは指輪が魔除けとして使われていたり、古代ギリシアでは銀の指輪は邪悪な眼差しを避けるなど、宝石がついた指輪には、霊力が宿るなどといった様々な言い伝えがありました。

そういったこともあり、結婚の証として指輪が用いられるようになったのでしょう。

 

その風習が日本に伝わったのは明治時代の頃ですが、当時はあまり浸透しませんでした。

しかし第二次大戦後に生活様式が西洋化し、欧米風の結婚式が広まったと同時に結婚指輪も広く用いられるようになりました。

 

結婚指輪の歴史をご紹介しましたが、いかがでしたか。

古代ローマの文化が、遠い異国の地である日本で今でもなお引き継がれているのを考えるとロマンチックですね。