ブログ

妊娠中の結婚指輪の扱いかた

2016.11.27

結婚指輪をずっとつけているという方も多いことかと思います。
日常的につけていると、つけていることで安心感を得ているという方も多いのではないでしょうか
しかし、妊娠をしたときというのはさすがに体の調子が普段とは異なってきますので、
指輪の扱い方というのも気になるところかと思います。
そこで今回は、「妊娠中の結婚指輪の扱い方」についてお話ししたいと思います。

 

結論から言うと、一般的に妊娠中はどこかしらのタイミングで結婚指輪は外す方が多いそうです。

ではいったいどのようなタイミングで外すのでしょうか。

 

・むくみがひどくなった時

妊娠中多くの女性を悩ませるむくみ。
これは結婚指輪の扱い方にも影響してきます。
このむくみがひどくなると、結婚指輪が抜けないという危機感を感じる方が多いようです。
危機感を感じたら、無理をせず外すことが指輪にも体にも良いと言えるでしょう。

 

・病院からの指示で

むくみがあまり見られなくても、病院から指示を受ける方も多いようです。
もちろん病院ごとにそのタイミングは異なるようですが、なるべくその指示には従いましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

妊娠中はとにかく無理のない結婚指輪との付き合い方を考えましょう。
また、外した際にはなくさないようにしっかりと保管することも大切です。