ブログ

結婚指輪をつけっぱなしにするメリット

2016.11.21

結婚指輪を手にしたとき、いったいこれはどのタイミングでつけるのかと悩む方は多いのではないでしょうか。
また、結婚指輪はずっとつけておくイメージがあるけれど、そうすべきかと考える方もいらっしゃることかと思います。
そこで今回は、結婚指輪をつけっぱなしにするメリットについてお話ししたいと思います。

 

ご存知の方も多いことかと思いますが、結婚指輪には本来「永遠の愛の象徴」という意味合いがあります。

ふたりの結婚をした時の思いは、ずっとつけておくことでより近くに感じることができるのではないでしょうか。
また、薬指につけておくことで気持ちが落ち着くという方もいらっしゃいます。
仕事をしているとき、家事をしているとき、パートナーのことを想って頑張れる、というのも素敵でしょう。

 

また、つけたり外したりするということは、その分どうしても紛失のリスクが高くなると考えられます。

水場だったり外出の際だったり、つけ外しをするとなるとそのタイミングは意外と多いでしょう。
つけっぱなしにすることで、そのような紛失を招く可能性は減らすことができるといえます。

 

いかがでしたか。

結婚指輪をつけっぱなしにすることには上記のようなメリットがあります。
ぜひこれを参考に、指輪の扱いについて検討してくださいね。