ブログ

結婚指輪の挙式前購入

2016.11.13

結婚を意識すると多くの方が考えるのが「結婚指輪」ではないでしょうか。
結婚指輪のことについて考え始めた時、きっといつまでに準備をすればいいのかと悩むことでしょう。
一般的に、結婚指輪を購入するタイミングとしては、6ヶ月が一つの目安になるようです。
ただ、6ヶ月といっても挙式の前なのか後なのかでその内容は大きく異なってきます。
そこで今回は「挙式前」の購入のメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。

 

挙式前に結婚指輪を購入しておくメリットは、ずばり挙式において指輪交換の儀式を行えるということです。

結婚式といえば指輪交換、というイメージを行う方も多いのではないでしょうか。
その儀式を行うには当然ですが指輪が必要です。
挙式前に指輪を購入しておくからこそできる儀式だといえるでしょう。

 

一方でデメリットについてもみていきます。

デメリットとしては、ハンドメイドなどやオーダーメイドの購入において時間が足りなくなる可能性があるということです。
ハンドメイドの指輪などは思い出にも残るということで近年非常に人気のものです。
しっかりと計画を立てての購入をこころがけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

メリット・デメリットはご理解いただけましたか。
特にデメリットには注意を払うようにしましょう。