ブログ

婚約指輪と結婚指輪の兼用ってどうなの?

2016.11.07

一般的に結婚が決まったら婚約指輪と結婚指輪を準備するとされています。
しかし、現在では必ずしもそうとは限らなくなってきているようです。
そこで今回は、もう一つの選択肢、婚約指輪と結婚指輪の兼用についてお話ししたいと思います。

 

ではいったいどのような理由で兼用を選ぶのか。
さまざまな理由がありますが、予算の問題からという方が多いようです。
結婚式とその結婚後の生活には何かと費用がかかります。
そこで、現実的に考えたときに婚約指輪と結婚指輪を兼用しようという考えになるそうです。

 

また、職場などの関係で兼用するという方もいらっしゃいます。
職場や業種によっては、そもそも指輪をつけてはいけない場合も多くあります。
そのような場合は、購入してもつけられないため、わざわざ別に購入する必要はないと考えるといえます。

 

このように、最近では兼用というのは珍しくなくなっているといえるでしょう。
しかし、冠婚葬祭や子供の入学式・卒業式などで指輪を身に着けるシーンもありますから、
全く指輪を購入しないというよりかは、一つそのような指輪を持っておくほうがよいといえます。
予算や職場の関係で悩んでいる方は、兼用という選択肢もぜひ検討してみてください。