ブログ

おしゃれな指輪の重ねづけ

2016.09.16

おしゃれに指輪を重ねつけして人と違う個性をアピールするのは楽しいことです。
最近は良く見かけますが、まずは親指に華奢リングを3つ以上重ね付けしましょう。

 
大きなリングだと箸や筆記用具を持つときに邪魔になりますが華奢リングであれば、その心配もありません。
また、人差し指や中指に普通のリングをして、その上からピンキーリングを第一関節と第二関節の間に2連でつけるのもよいでしょう。

 

関節の大きさによってはできない人もいるかもしれませんが、少々小さめのピンキーリングなら大丈夫です。
また、大きなリングだと成金のようになってしまいますが、華奢リングを3つ以上片方の手に付けるのもおしゃれです。

 

すこしづつデザインが違う細いリングを親指、人差し指、中指、小指につけたりしてもよいでしょう。
リングというとどうしても手を考えますし、これは少々上級編ですが、足の関節がしっかり出ていて、指の間に隙間がある人は、足の指にピンキーリングをするのも素敵です。

 

夏になってサンダルを履くときにキラリと個性が光ります。
これは歩くときに痛く無いようにシンプルな華奢リングをお勧めします。